Home > MySQL > | Vine Linux > ユーザーディレクトリへデータベースを保存

ユーザーディレクトリへデータベースを保存

MySQLでは初期の保存先でユーザーごとにまとめて容量制限(クォータ)が出来ないのでデータベース保存先をユーザーディレクトリへ移動させました。

結果から言うと上手く動いています。
ただ、新規にデータベースを作成する時の手間が増えるのが難点かもしれません。
スクリプトを書いて実行させれば楽かもしれませんし、その手間だけの意味がある作業だと思います。

ユーザー(例:アカウント)ディレクトリにDB専用ディレクトリ作成。
その中にMySQLと分かるようにディレクトリを作成する。

# mkdir -p /home/アカウント/db/mysql

所有者とグループをアカウントへ。

# chown -R アカウント:アカウント /home/アカウント/db

////////////////////////////////////////////////////////////

データベースが作成されていない時。
MySQLへログインしてデータベースを作成する。

# mysql -u root -pパスワード

データベース作成。
(データベース名はアカウント名と同じとして説明しています)
(事前にユーザー情報は登録?)

> create database アカウント;
> exit

////////////////////////////////////////////////////////////

データベースの移動。

# mv /var/lib/mysql/アカウント /home/アカウント/db/mysql/

シンボリックリンクを作成。

# ln -s /home/アカウント/db/mysql/アカウント /var/lib/mysql/アカウント

移動。

# cd /home/アカウント/db/mysql

データベースディレクトリアカウントの所有者アカウントに変更。
(グループはそのままmysql)

# chown アカウント:mysql アカウント

アカウントディレクトリ以下に作成されるファイルは、所有者アカウントになるように(setuidを)設定。

# chmod 4770 アカウント

移動。

# cd アカウント

データベースファイルの所有者をアカウントに変更。
(グループはそのままmysql)

※ここからは既にデータベースにテーブルがある時。
(MySQLを使用している場合ということ)

# chown アカウント:mysql *

書き込み権限(パーミッション)を設定。
(最初から660っぽいけど一応)

# chmod 660 *

参考URL
http://ml.postgresql.jp/pipermail/pgsql-jp/2006-April/020551.html

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
https://www.hxp.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/69
Listed below are links to weblogs that reference
ユーザーディレクトリへデータベースを保存 from Minase's Blog - HXP

Home > MySQL > | Vine Linux > ユーザーディレクトリへデータベースを保存

Search
Feeds

Return to page top