メール 使用方法

メール 使用方法について

メールソフト(クライアント)で使用する方法を説明しています。
HXPで利用する際の説明であり、他のサーバーでは通じない場合もあります。

メール 使用方法

ここでは Outlook 2010 で使用する方法を紹介します。
他のメールソフトの場合はそれに置き換えてご覧下さい。

※HXPでは暗号化(SSL/TLS)設定を推奨しています。
※その為、独自証明書をインストールする必要が有ります(任意)。

POP3Sの場合

1. Outlook 2010を起動します。

2. [ファイル] タブをクリックして、 [アカウントの追加] をクリックします。
アカウントの追加

3. [自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)] チェックボックスをクリックして、 [次へ] をクリックします。
自動アカウント セットアップ

4. [インターネット電子メール(I)] チェックボックスにチェックを入れて、 [次へ] をクリックします。
サービスの選択

5. 各データを入力して、 [詳細設定] をクリックします。
インターネット電子メール設定

6. [送信サーバー] タブをクリックして、 [送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)] にチェックボックスにチェックして [受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)] にチェックしていることを確認して [詳細設定] タブをクリックします。
インターネット電子メール設定

7. [受信サーバー(POP3)(I)] には [995] と入力して [このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)] にチェックボックスにチェックにしていることを確認して [送信サーバー(SMTP)(O)] には [587] と入力して、 [使用する暗号化接続の種類(C)] には [TLS] を選択して [OK] をクリックします。
インターネット電子メール設定

8. 各項目を終わらせたら [次へ] をクリックで完了になします。

IMAPSの場合

詳細設定以外は上記と変わりません。
IMAPSの場合は上記の第7項が以下のようになります。

[受信サーバー(IMAP)(I)] には [993] と入力して [このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)] のチェックボックスにチェックしていることを確認して [送信サーバー(SMTP)(O)] には [587] と入力して、 [使用する暗号化接続の種類(C)] には [TLS] を選択して [OK] をクリックします。

証明書 インストール方法

1. [送受信] を行った時に表示される [証明書の表示(V)...] を選択。
インターネット電子メール設定

2. [証明書のインストール(I)...] を選択。
インターネット電子メール設定

3. [次へ(N)] を選択。
インターネット電子メール設定

4. [証明書をすべて次のストアに配置する(P)] を選択して、 [参照(R)...] を選択。
インターネット電子メール設定

5. [信頼されたルート証明書機関] を選択して [OK] を選択。
インターネット電子メール設定

6. [次へ(N)] を選択。
インターネット電子メール設定

7. [完了] を選択。
インターネット電子メール設定

8. [はい(Y)] を選択。
インターネット電子メール設定

9. [OK] を選択。
インターネット電子メール設定

最後に

うまく出来ない場合は設定を見直す、FAQを参照する等して下さい。
それでもうまくいかない場合はサポートからご連絡下さい。