PHP制御

PHP制御について

未完成。

PHPに関する動作・環境を設定するファイル。

設置方法

php.ini を設置するには .htaccess へ設置場所を設定します。

# php.iniパス(php.iniを設置するディレクトリまでの絶対パス)
suPHP_ConfigPath /home/アカウント

php.iniをWEBディレクトリ(/home/アカウント/public_html)配下に設置する場合は、セキュリティ上好ましくないのでphp.iniを観覧できないように以下の設定を.htaccessへ追記しましょう。

<Files ~ "\.ini">
   deny from all
</Files>

次にPHP制御を行いたいディレクトリへ.htaccessをアップロードし、設定したパスへphp.iniを設置します。

※ .htaccessを設置したディレクトリ配下へも影響します。

設定例

php.iniを設定する上での注意点があります。
設定をおこなうとHXPデフォルト設定が破棄され、PHPデフォルト設定に上書きされた設定になります。
その為、必要に応じて設定を書き足すなどして下さい。

設定例は文字コード関係とその他を少しだけ紹介しています。

デフォルト(UTF-8)

ユーザーがphp.iniを設置しない場合に動作するUTF-8環境の設定です。
UTF-8環境向けのスクリプトであれば特に設定せずに動作します。

スクリプトの文字コードはUTF-8だけど出力が違うという場合は他の環境を参考に。

;; HTTPヘッダ「charset」
default_charset = UTF-8

;; HTTP出力文字コード
mbstring.http_output = UTF-8

;; 内部処理文字コード
mbstring.internal_encoding = UTF-8

EUC-JP環境

EUC-JP向け環境。

;; HTTPヘッダ「charset」
default_charset = EUC-JP

;; HTTP出力文字コード
mbstring.http_output = EUC-JP

;; 内部処理文字コード
mbstring.internal_encoding = EUC-JP

Shift_JIS環境

Shift_JIS向け環境。
まともに動かなかった気もします。

;; HTTPヘッダ「charset」
default_charset = Shift_JIS

;; HTTP出力文字コード
mbstring.http_output = SJIS

;; 内部処理文字コード
mbstring.internal_encoding = SJIS

その他

その他の設定です。

;; ショートタグ
short_open_tag = Off

;; エラー表示
display_errors = Off

設定確認方法

php.iniで施した設定を確認する方法です。
以下の内容を適当な名前で保存してFTPでアップロードして下さい。
(例 : phpinfo.phpなど)
ブラウザで参照することで現在の設定を確認することが出来ます。

確認を終えたらセキュリティの都合上必ず削除して下さい。

<?php phpinfo() ?>