小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:127

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約2555文字 読了時間約2分 原稿用紙約4枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「大脱走」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(37)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(401)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


こちらの作品には、暴力的・グロテスクな表現・内容が含まれています。15歳以下の方、また苦手な方はお戻り下さい。

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / R-15 /

大脱走

作品紹介

監禁されている主人公が脱獄をする話です。

後半に力を入れているので、読み終わる前に最後のほうは見ないようにしてください。

面白さが消えますw

具体的な描写はなるべく控えて、最後の一文で読み手の想像を覆すつもりで書きました。

ハードルは上げずに優しい目で読んでください。




 俺は今、地獄にいる。

 牢屋と言う名の地獄。

 どのくらいの時間をここで過ごしただろう。

 ここには、無限の苦痛が渦巻いている。

 もうこんな生活は耐えられない。

 今日こそ、抜け出してやる。

 今日こそ、あの頃の自由を取り戻してやる。

 今日こそ、この地獄に終止符を打ってやる。

 俺は、決心した――。

 

 

 奴らは、定期的に食事を持ってくる。脱獄するならその時だ。

 腕と足に鉄製の枷がはめられているが、こんなものは力ずくで壊せる。なぜなら、奴らは俺の力を甘く見過ぎているからだ。広大な大自然で育った俺にとって、鉄枷など少しの拘束力もない。今までそうしなかったのは、奴らを油断させるため。その結果として、奴らは完全に俺を拘束できていると思い込んでいる。その油断を利用するのだ。

 奴らは食事を牢屋に入れるとき、必ず鍵を開けて中に入ってくる。その瞬間を狙って、ひと暴れしてやればいい。人数は多くても二人。俺の力を持ってすれば、まず負けることはない。なぜなら、奴らは俺に比べて脆弱すぎるからだ。力はもちろん、体格も俺のほうが上。この体格差を利用して、奴らを叩き潰す。ここまでは問題ない。



 問題はここからだ。騒ぎが大きくなる前に、この施設の出口を目指す。しかし、俺のこの巨体で、隠密に行動するのは不可能だろう。ゆえに、迅速かつ圧倒的に突進していくしかない。奴らの何人かが立ち塞がっても、勢いに任せて蹴散らせばいい。

 ここで問題になるのは、奴らが武器を使用してくるかどうかだ。奴らは、殺傷能力の高い武器をいくつも所持している。刃物や鞭、長槍に拳銃まで。幸い俺の身体は、極限まで鍛え上げられているので、生半可な武器は効かない。脅威とするとしたら拳銃くらいか。

 その場合でも、作戦は変わらない。多少のリスクは承知の上。やられる前に叩き潰すだけだ。



 その後のことは、正直なところ予想がつかない。なぜなら、俺はこの施設から外に出たことがないからだ。それでも、やることは変わらないだろう。もとより、力ずくで突破すること以外に、策などないのだから。それに、外に出ることが出来れば、仲間が助けに来てくれるかもしれない。敵は蹴散らし、味方には助けを求める。これさえ頭に入れておけば、絶対に成功するはずだ。





 そろそろ奴らが食事を持ってくる時間だ。脱獄のイメージは完璧。気持ちの整理も整った。後は実行するだけだ。自分の力に絶対の自信がある。不安など、ない。



 ―――来た!!

「おーい、エサの時間ですよーっと」

 相手は一人。完全に油断しきっている。これならやれる、そう確信した。

 奴は鍵を開け、牢屋の中ほどまで入ってきた。

「ほーら、さっさと食っちまいな」

 イメージ通り。奴は片腕の射程範囲内に、まんまと入ってきた。

 その瞬間、俺は右腕の鉄枷を引きちぎった。そして、勢いに乗ったままの右腕を、奴の顔面に炸裂させる。

「――ひぃ!!」

 何かが粉砕される音。爽快だった。憎しみを発散することが、ここまで気分がいいとは思わなかった。奴は地べたに倒れ伏し、ぴくりとも動かない。

 俺は残り三個の鉄枷を引きちぎると、遂に牢屋の外に出た。



 自分の持てる限りの全速で走り抜ける。

 脱獄を察知されたのか、その先に奴らが立ちはだかっていた。今度は複数いる。

「この野郎! 力任せに暴れやがって!」

「全員で取り囲め! 絶対に逃がすな!」

 前方に槍を構えた奴らが立ち塞がる。だが、ここは強行突破だ。

 俺は槍の攻撃を全て体に受けてから、構わず突進した。不思議と痛みはない。それ以上に気持ちの高ぶりが激しい。

 前方の奴らを一掃すると、遂に出口の光を確認することができた。目からは自然と涙が零れ落ちている。あの光は、俺を祝福するもので間違いない。



 達成感とともに安堵した瞬間、背後から銃声が鳴り響いた。それも、一発ではない。

「仕留めろ! 足を集中して狙うんだ!」

 一人の掛け声を合図に、一斉に弾丸は俺の片足に集中した。

 痛い、なんてものじゃない。まるで片足が破裂したかのような苦痛。

 だが、進むしか助かる道はない。もはや四本の足で地面を這いつくばっている状態。それはもう“走っている”のとはほど遠い、無様で滑稽なものだった。それでも、止まったら殺される、という恐怖が俺を突き動かしていた。

 ようやく辿り着き、目の前の光があの頃の楽園のものだと信じて、飛び込んだ。

 

 

 広がった光景を目の当たりにして、一瞬で全身が凍りついた。大脱走の末、待っていたものは、希望ではなく絶望。

 自分よりはるかに高い建物。硬く冷たい地面。そして、そこに蠢くものは、俺が“奴ら”と言って憎み続けてきた生物たち。それも、施設の中など比べようもないほど大量にはびこっている。

 

 知らなかった。

 牢獄の外は楽園だと思い込んでいた。

 施設の中は地獄だと思っていた。

 それは、自由を夢見続けた、俺の固定観念の産物。

 あの頃の楽園に帰ること。それが俺の存在理由であり、生きるための活力だった。

 つまり、脱獄に成功したこの瞬間、俺の生きる意味は粉々に粉砕されてしまったわけだ。



 その時、自我は崩壊し、俺は俺でなくなった。



 蠢く生物を片っ端から駆除していく。潰し、砕き、投げ飛ばし、叩きつける。それは俺の本能。頭では何一つ考えていない。武装した奴も、逃げまどう奴も、隠れている奴も、皆俺の敵だ。建物も壊し、地面も割る。視界に入るすべてを粉砕するまで、俺は止まらない。

 たとえ、弾丸や爆弾を体に浴びせられていようとも。

 たとえ、体の感覚がすべて消えていようとも。

 たとえ、死んでしまおうとも。



 判り得ない、最後の疑問が頭をよぎった。

 “あの頃の楽園は、どこにいってしまったのだろう?”



 次の瞬間、俺は、世界と決別した。



 最後に、俺を殺した奴の言葉が、頭に焼き付いて離れなかった。



「たかがゾウの分際で、脱走なんか企てやがって……」

後書き

未設定


作者 マツヲ
投稿日:2010/01/10 20:38:02
更新日:2010/01/10 20:38:02
『大脱走』の著作権は、すべて作者 マツヲ様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:127
「大脱走」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS