小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:18

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1716文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「天才茶髪教師‐早草先生」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(156)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(555)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

遠藤 敬之 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

天才茶髪教師‐早草先生

作品紹介

家庭教師といえば、正直ミニスカを

思い浮かべるのではないでしょうか?



本ドラマは、リアリティある茶髪の

Sexyな家庭教師が、ドンチャン騒ぎ。




あたちの名前は早草背瑠。



フルネ?ムで呼ばれると何故かキレそうになるので

不思議淑女とか言わせたりするの。ホント失礼な話!

今日は家庭教師としてお初となる、大切な日なのら。

身軽に動きたくて、結構際どいミニスカにしました!



 でも、気合を入れすぎて、童顔を整形しに行ったら

ヤブ医者だったせいか綺麗顔になって、最低な気分。



 あたち、ブス専に憧れているのに。不愉快だよぉ?





(ポチ ポチ ……ピンポ?ン)



(老声)『お主、何奴じゃ』



背『お?す早草先生だよ!ミニスカながら家庭教師』



(バタバタバタ……ガチャリ)



老『こりゃ相当ギャルい。さぁ!我が子を頼んます』



老『息子はきっとミニスカの教師なんかより賢いが』



背『アラ?♭失礼なボケ老人だこと。告訴しま?す』



老『お前さんには自分を大切にしろと言いたくて。老婆心じゃて』



背『言い訳なら現金即払!さ?て、そのド変態の御子息たんは?』



老『せがれの童向ならの、部屋におるよ。宜ぴく?』





(トットットッ……カチャリ)



背『やっぴぃ!背瑠先生ご到着なり。お勉強しよ?』



童向『毎度。ど?むッス』



ど『…………待てや先公!かなり見えそう、凄い短い!』



背『なら、どむくんは頑張って立派な人になろうよ』



ど『いや、立派とかミニスカに言われたくもないし』



背『うふ。なら歯を食いしばれだよ、雷ビンタを……』



ど『ぼ ぼ ぼくはぁ世間知らずなのです!はわわ……』



心『この小僧はどうしてこんな興奮をしているの?』



背『先生の普段着はボディコンだなんて勘違いだよ』



心『きっと勘違いしたな。あたちボディコン顔だし』



ど『先生は頭おかしいの?香水は何を使っている?』



背『どむくん、いまの質問はセクハラ罪よ?学んで』



ど『難しいけれども、香水を聞くのがスト?キング行為と同義?』



背『キモ?。……あっ!いや何でもない。頑張れだよ』



ど『あふっ、急に鼻血ダラダラ出てきた。うひゃあ』



背『誰だってそうだから。はいっ、ティッシュだよ』



ど『ティッシュ先生は気が利く御方だ。憧れるかも』



ど『センセン質問!やけに頭が悪そうに見えますが……ど?して?』



背『先生は能ある鷹なの。爪を煎じて飲ませろとか言うつもり?』



ど『オヤジギャグで口説く気なんてないし!やっぱ大馬鹿だろ?』



背『本当の恋は、馬鹿な自己を認めて始まるのよ……』



ど『そんな恋理論とか関係ないし!このミニスカめ』



心『さっきからこの小僧、何処を見ているのかしら』



心『そっちの指導なら相場は最低ユキチ20枚だよ?』



ど『なぁ軽草先生。近頃、肩こり酷いんだ。病院に行くべきかな』



背『背瑠先生の肩を揉みたいデスとか、何が狙い?』



ど『んなこたぁ、言ってないやん!服を脱ぎなよ!』



背『先生の服装は、相当お洒落なのよ。脱げないの』



ど『冗談も通じないのか?見た目はギャルっぽいし』



背『ギャルっぽくすれば面接に受かるんだ。それが社会の仕組み』



ど『あのぅ先生、いまの話は感動した!ぼく感動をしたいんだ!』



背『ではとっておき……君のパパンとは、夜の顔で知り合ったんだ』



童向『へっ?夜の顔って?よしてくれよネコ顔先生』



背『早くさせるんだ!と、何度も 何度も 言わせて』



童向『パパンがお金ないのは、募金しすぎたって!』



背『先生の夜の顔では短いのは時間だけ……他はNG無。感動した?』



童向『そんな……泣きそう』



背『夜の顔こそ天才教師!現実とは真昼の家庭教師』



童向『うわぁ?ん!泣泣』



背『しょうがないな?口にティッシュ積めてあげる』



童向『モゴ モゴ モゴ……』



背『これが本物の教育よ。いい、この件は秘密よ?』



童向『たふ……へて……息……』





     ‐続く‐

後書き

未設定


作者 寒天 ≡ ゜∀゜ ≡
投稿日:2009/11/17 04:22:53
更新日:2009/11/17 04:22:53
『天才茶髪教師‐早草先生』の著作権は、すべて作者 寒天 ≡ ゜∀゜ ≡様に属します。
HP『Plural

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


produced by JpGraph /使用フォント:あずきフォント


感想&批評

作品ID:18
「天才茶髪教師‐早草先生」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS