小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:221

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約703文字 読了時間約1分 原稿用紙約1枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「作品って……なんですか?」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(21)・読中(0)・読止(2)・一般PV数(241)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

作品って……なんですか?

作品紹介

「斎藤 七南」になってから初の作品です。

私が最初に浮かんだ思いから来ているものです。



作品って何ですか? どうしてありもしないお話を……世界を創れるのですか?



またこれは小説ではないです。






 原稿用紙が机にどっさりと乗ってその存在感を私に見せている。

 私の利き手でもある右手には青いシャープペン。

 肩まである黒髪を紺色のヘアーゴムで後ろに縛り、黒い両目は真っ白な原稿用紙に固定されている。





 作品って何ですか?



 小説家とかそういったあらぬ世界を創造する方たちを目指して、夢にして結構経つ。

 最初は直ぐ諦めるんだろうなって思ったんだ。だけど先生に放った言葉が、それにかえってきた言葉が私を少しだけ揺らした。



『先生。作品って何ですか? どうして小説家さんたちは、あらぬ世界を創造したりできるんですか?』

『楯羽。小説家さんたちにはある程度の創造力がある。それに説得力も、理論力もあるから世界を創る事ができる』

『表現力も創造力も説得力も理論力も私たちにだってあります。他の方々にだってあります。なのに何故私の両親は世界を新たに創れないのですか?』

『世界を創るということはその世界に対して責任をもつ。だからこそなんだ』

 それだけ言って先生は私の前から姿を消して。

 結局小学校で抱いたその疑問を今、高校生になってまで抱いたままで。

 答えなんてあるわけないんだ。ないって思い続けて早5年ぐらい。



 作品って何なんだろう。キャラクターが居て、その世界を走り回ったりして成長して。でもそんなのありきたりでしょう?

 だから私が色んな世界を創ってやるんだって、色んな本を見て記憶したりして。

 だけど私は未だに作品なんて作ってない。作れない。

 理由はわからない。でも作品っていうのは何なんだろう。





 ねえ、作品って何なの?



後書き

未設定


作者 斎藤七南
投稿日:2010/04/26 20:14:20
更新日:2010/04/30 14:23:57
『作品って……なんですか?』の著作権は、すべて作者 斎藤七南様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:221

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み