小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:3

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1663文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「殺し屋」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(126)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(558)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

a10 ワーディルト 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

殺し屋

作品紹介

未設定


ある日、僕の家にめずらしいお客さんが来た。

「殺し屋です」

「あっ、間に合っています」

「いえ、お宅のお父さんに用事がありまして」

「それは、失礼しました。てっきりなにかの訪問販売かと思いまして」

「……お父さんは、ご在宅ですか?」

「出かけてますが煙草を買いに行っただけなので、すぐに帰ってくると思いますよ」

「それじゃ、ここで待たしてもらいますよ」

「いえいえ、あがってお茶でも飲んでってください」

 

 殺し屋さんが客間でお茶をすすっている。

「おかしいなぁ、すぐに帰るといってたんですけれど」

「ふん、あいつらしいですよ」

「父とは、親しいですか?」

「ええ、幼馴染です」

「そうなんですか? で、ご用は?」

「お父さんに復讐にきました」

「父に復習? ですか?」

「ええ、まぁ」

「なんのお勉強の?」

「その復習ではないのです」

「え?」

 僕は、はじめて殺し屋の意味に気づいた。

「殺し屋さんて、まさか!?」

 僕は体が震えだした。

 殺し屋さんは、そんな僕を見てこういった。

「君には手出ししないから」

 僕は、ほっとしながらも

「どうして父を……」 と尋ねた。

 殺し屋さんは、憎しみもあらたに体を震わし重い口を開いた。

「……あれは幼稚園のころ、二人でメンコしていたんだ……

 私は強かった……WBCの世界王者なみに強かった……

 しかし、君のお父さんときたら……ずっこかった……

 メンコを2枚がさねにして、こともあろうに、わたしの、

 わたしのメンコを……ことごとく、全部とってしまったんだよ……

 わかるか? メンコのあぞび方……地面においてある相手のめんこを

 ひっくりかえせば、そのメンコは自分のものになる……

 そんなルールさぁ……私の大事にしていたメンコをすべてだ!

 すべて、ねこそぎ持って行きやがった……その中には……

 その中には……大事にしていた、鉄腕アトムのメンコや

 黄金バットのメンコまであったんだぜ……」

 殺し屋さんは、何気にピストルを机の上に置くと

 次にポケットから真新しいドラゴンボールのメンコを取り出した。

「私はね……その時思ったんだ……復讐してやる……絶対にゆるさねぇ

 この手でこの手で、奴の息の根をとめてやるとね……」

 僕は恐ろしさのあまり、ちびりそうになっていた。

 しかし、冷静に考えると、どうして今なんだろうと思った。

「こ、殺し屋さん……どうして、どうして今なの?」

 震えながら聞くと殺し屋さんは答えた。

「いい質問だ……殺しのライセンスは、ちょっとやそっとじゃ、とれねぇんだよ……」

「しゅ、修行してたんだね」

「そうだ……」







 突然、閉まっていた襖が開いた。

 お父さんだ。

 お父さんの右手には、あの2枚がさねのメンコが握られていた。

「おい! 山田! ひさしぶりだなぁ!」

 お父さんは殺し屋さんにそういうとニヤリと笑った。

 殺し屋さんは、思わず持っていたメンコを投げつけてピストルに手を伸ばした。

 お父さんは、落ちたメンコを見て素早く右手を振るった。

 バシィーン!!

 鋭い空気を切り裂くような派手な音がして

 ドラゴンボールのメンコがひっくり返った。

 ピストルに手を伸ばしていた殺し屋は、思わず動きを止めていた……。

 お父さんが勝ちほこった様に高らかに笑った。

 その笑い声は、遠くイスタンブールまで轟きわたった。







 殺し屋さんは、がっくりと肩を落とした。

「私は……私は……学ぶべきものを……間違っていた……」

 つぶやくようにそういうと殺し屋さんは、うなだれて帰って行った。

 お父さんの名残惜しそうな声を背に……。







「えっ、もう帰っちゃうの? え? もうメンコないのかよぅ」







 お父さんは、幸せものだ……。







 おしまい

後書き

未設定


作者 ばっど
投稿日:2009/10/25 20:02:04
更新日:2009/10/25 20:02:04
『殺し屋』の著作権は、すべて作者 過去ログ(管理人投稿)様に属します。
HP『

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:3

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み