小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:322

こちらの作品は、「批評希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約2519文字 読了時間約2分 原稿用紙約4枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「東雲と夕暮れ」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(23)・読中(1)・読止(1)・一般PV数(246)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 批評希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

東雲と夕暮れ

作品紹介

裏切りたくない、がっかりさせたくない、させられない。



だけど、だけど、だから



―もう、やめて。


 もう誰もわたしに期待しないで。



 「紫衣は班長でいいよね」

 葵の大きな瞳が覗きこんでくる。紫衣は黙って頷いた。だって、そうするしかないから。

 ゆるゆると日が射しこむ午後の教室。みな、外に出払っていて紫衣を筆頭にした4班以外は、数人が残っているだけだった。

 4班が外に行かず、集まっている理由は至って明確。誰ぞやが「昼休みに班長を決めよう」と言い出したのだ。しかし、その話合いの結論は最初から出ているようなものだった。さっきの葵の言葉がその結論。

 ―紫衣は班長でいいよね。

 今まで何度、この言葉を言われたろうか。席替えをするだけ言われる言葉。

 なぜ? なぜわたしなの? なにを期待しているの?

 理由は、もうわかっていたけれど。皮肉にも低学年のとき、もてはやされたのが仇となった。

 賢い、人望が厚い、優等生、羨ましい…。わたしを引き立てた、陳腐な言葉たち。いつまでも付きまとって過去の栄光に縋らせる。言葉の呪から解き放たれることは、きっともうない。

 紫衣は、ことが決まったとばかりに去る背中たちを見つめていた。明るい日差しの中に、たったひとり残された自分。

 これは班長だけじゃない。これからもずっと、事あるたびに期待され、押し上げられる。委員長だってやった。児童会会長だって、学級委員長だってやった。賢いからやってだなんて言わないで。いつのことをいってるの。あの頃から、わたしだって変わったのに。

 辛かった。暖かい中、ひんやりと冷たい自分の手。責任に疲れた手。

 そう、低学年とは違う。あの頃の自信は、もうない。だって、少しは世を知ったから。自分なんか足元にも及ばないような人を、沢山見たから。だから、期待してほしくない。もっと適任な人がいるだろうに。今のわたしに、過去のわたしを押し付けないで。

 見たくないんだよ。自分が責任を果たせなかったとき、陰で見せるがっかりした瞳なんかはもう…。





 風に黒く短い髪を遊ばせる。校庭で遊ぶ児童の声が、その隅にまで聞こえてきた。

 放課後。紫衣は、校庭の隅にある木によりかかって座っている。

 日が傾き始めるこの時間帯は、木陰が涼しくて心地よい。まだ花の時期ではない木蓮だか辛夷だかの木は、紫衣のお気に入りの場所となっている。

 その好さげな場所に座った紫衣は、似つかわしくない溜息をひとつ吐いた。

 「班長かぁ…」

 「よう、どうかしたか?」

 驚いて声のした背後を振り返れば、黒い髪の少年が立っていた。木の裏から顔を出して、にこにこと笑っている。

 「達巳」

 名を口にすると、達巳は陰から出てきて紫衣の横に座った。背は、紫衣よりほんの僅かに高いだろうか。クラスでは高い部類に入る。

 「なになに、溜息なんか吐いちゃって。もしかして恋煩いとか?」

 いつものように調子良くからかって、くすくすと笑う。ガラス玉のように澄んだ大きな瞳がすうっと細められた。

 「なにさ、6班副班長がさ」

 切り返してやると笑い声が高くなった。明るい、温かい声だった。今の自分とは正反対の…。

 「なあ、本当にどうしたんだ? 紫衣」

 言葉とは似ても似つかぬ暗い顔に、達巳も不安そうな声音になる。こいつは意外と敏感だったり、繊細だったりするのだろうか。ただ、今は頭が上手く回らなくてよく解らない…。

 「班長なんか」

 混乱のさなか、口を衝いて出た言葉。言うつもりはなかったけど、いつの間にか口にしていた。聞いて欲しかったのかもしれない。今更明かせぬ心の内を。

 「班長なんか?」

 達巳が訊きかえす。紫衣は肯定するでも否定するでもなく、ただ訥々と話し始めた。

 「班長なんて本当は嫌だった。期待されたくなかった。責任を果たせなかったとき、みんなの表情が曇るでしょう。もう何度もそれを見てきた。だからもう見たくなかったの、悲しい顔なんか…」

 口を閉じる。静寂が訪れた。唯一、楽しげな児童の声だけが耳に届く。

 「でもさ」

 沈黙を破ったのは、今まで黙って聞いていた達巳だった。

 「おれもその場に居たら、きっと紫衣を班長に推薦してるぜ」

 紫衣は、驚いて達巳の横顔を凝視する。

 「―話を聞いておきながら」

 口元を歪める紫衣に、達巳は涼しく笑った。 

 「担ぎ上げられるのは、紫衣がそれに値する奴だからだ。そうじゃなきゃ、おれもみんなも推薦なんかする訳ない」

 「だからそれが―」

 買いかぶりだ、と言おうとした紫衣を遮る。

 「お前は、悲しい顔を見たくないと言ったな」

 それは事実なので、おとなしく頷く。先の展開が読めないゆえに、下手に騒ぎ立てることもできない。

 「言ったけど」

 それを聞いて、達巳は満足げに頷いた。

 「おれたちはそれを知ってる」

 「え…?」

 何の事を言っているの。なにを知ってるって…?

 「お前が他人に悲しい顔をさせないように、いつも陰で頑張っていることを知っている」

 「あ…」

 すうっと何かが引いていく気がした。代わりに何かが押し寄せる。冷えた手へ、固まった肩へ、柔らかく優しい何かが―。

 「みんなお前の頑張りを知っているから、安心して班長の座を任せられるんだ。こいつなら大丈夫。紫衣なら信じられる、ってな」

 ―驚愕だった。わたしなら任せられる…? わたしならできる…? ちゃんと、知っていて…。

 「信じられるからこその座…」

 呟く紫衣に、達巳は「そう」と大きく頷く。

 「みんな、ちゃんと今の紫衣を見ているよ。だから、もっと自信を持って」

 大事なのは今のわたし。過去なんて誰も見ていない。過去に依存してたのは、わたしだったんだ。みんな、今のわたしを見てくれていた。

 「これからも、見ていてくれる?」

 紫衣の問い掛けに達巳は頷く。

 「ああ。紫衣が道を外すようだったら、それを正せるように」

 「達巳も見ていてくれる?」

 自分を軽く見上げた紫衣に向かって、達巳は笑った。

 「もちろん」

 

後書き

未設定


作者 悠暉
投稿日:2011/05/04 17:55:24
更新日:2011/05/15 21:06:02
『東雲と夕暮れ』の著作権は、すべて作者 悠暉様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:322

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み