小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:331

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約2855文字 読了時間約2分 原稿用紙約4枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「夢現」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(44)・読中(1)・読止(2)・一般PV数(355)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

夢現

作品紹介

 夢と



 

 現と







 その狭間















 えーっと…、すみません。ありえない出来です。

連載をしたかったんだけど、ネタが出なかったので短編一本upしました。


 寒い。そして、暗い。

 目の前に広がるのはただの闇。自分の足元なんか、疾うに見ようとするのをやめている。なにも見えない。どれだけ見ようとしたところで、目に映るのは闇ばかり。一寸の光も見出せない、暗く、沈んだ場所。

 そんな場所に俺―零斗―と彼女はいた。

 すぐ隣にいるはずの彼女に呼びかけようとしても、喉が引きつって声が出ない。彼女も同じなのか、息の音ひとつも聞こえない。ただただ何も出来ずに隣り合って立つ二人。手を伸ばせば相手の温度を感じる。その手を握れば握り返してくれる。そんなに近くにいるのに、表情を窺がうことはおろか、気配を感じることすらできない。

 それでもこの場所に恐怖はなかった。気付いたらここにいて、彼女も一緒だった。特に何があるわけでもなし、恐怖心を抱くことはない。ただ不思議だった。自分たちが何故ここにいるのか。ここは何処なのか。闇で定かではないが、周りにはなにも無いように思えた。8畳くらいの倉庫の中は殺風景で、壁はコンクリート独特の空気を醸し出している。よく冷えた空気が、動きのない部屋で巡ることなく、足元に蟠っていた。やがてはこの空気も淀んで重くなるのだろうか。

 不意に、その動かない筈の空気が動いた。ぎぃ、と軋んで部屋の正面にあった扉が開く。

 人だ…。

 そうは思ったけれど、やはり声が出ない。扉の前に背の高い男が立っている。暗闇で顔を知ることは叶わないが、とにかく人だった。人を見たのは久しぶりだったかも知れないし、そうでなかったかも知れない。なにしろ、どれぐらいの時間ここにいたのか分からないのだから。

 「元気だったかい?」

 男が言葉をかける。静かで落ち着いた声だった。答えを返せずにいると、男は尚も話し続ける。

 「どうもまだ頭がはっきりしていないようだね」

 くすっ、と軽やかに笑う。

 「うん、じゃあ目覚めさせてあげようか」

 何を、と思う間もなく男が二人に向かって両手を差し出した。

 「二人の中、どちらかの命を奪うといったら、どちらを選ぶ?」

 ―何を言うんだ、この男は。馬鹿なことを…。

 呆れた零斗に男は歩み寄る。そして、静かに囁いた。

 「可愛い自分と、他人の彼女。最後に決めるのは、君だ」

 身体を電流が駆け抜けた。足に力が入らない。こんなに静かなのに、人の理性をふっとばし、思考を打ちのめす。何なんだ、こいつは―。

 「さあ、どっちかな?」

 ここで答えに詰まったのが、失敗だった。たしかに自分は可愛い。だけど彼女は。俺は。自分は。君は。

 「零斗が悩むくらいならわたしがいくよ」

 「美っ…!?」

 「よし、成立だ」

 男が彼女―美月―を引きよせた。当の美月は悲しそうに目を伏せている。

 「それでは、おひらきに―」

 男がにや、と笑う。そして手に持ったナイフで、美月の首を―。

 「やめてくれぇぇぇぇぇっ!!」





 「やめてくれぇぇぇぇぇっ!!」

 零斗は自分の悲鳴で目が覚めた。

 外から小鳥の声が聞こえる。朝の光が射し込む部屋は白く照らされ、積み重なった雑誌や漫画を汚い部屋から浮き立たせる。一階のキッチンからは、朝ならではの忙し気な音が聞こえた。

 いつもの朝。

 「夢か…」

 なんという夢だ。こんな気持ちのいい朝にそぐわない。何考えてんだ俺。

 「零斗ー! 遅刻するよー!」

 下から母の忙しい声が聞こえた。どうも寝坊したらしい。「今行く!」と言いながらも朝ご飯を食べる気にはなれなかった。さっさと身支度をすませ、早々に家を出る。母は今更、何も言わなかった。

 外の空気は澄んでいて寝起きには嬉しい。でもそれを味わう余裕はなく、とにかく先を急いだ。



 「間に合ったー!」

 教室に飛び込むと一斉に好奇の目が向けられた。

 「ギリギリ」

 「学習ってもんを知らんのかね」

 「間に合ったって言えんのか」

 「尤も。ね、美月」

 友人に話を振られた美月は黙って頷いた。その動作にあわせて長い髪がさらりとゆれる。

 美月はモテる。どれだけ告白されたかしらないけど、とにかくモテる。長い髪に大きな目、小さな口。正直いって、俺もよく落とせたと思う。

 「ほらほら、授業始まるよ」

 「先生っ」

 いつの間にか先生が入ってきていた。生徒が五月蝿くても注意しない。このへんが高校のゆるいところだ。

 起立。礼。…。

 …ああ、やばい。全然頭に入ってこない。どうも俺の頭の中は今日の夢のことでいっぱいらしい。

 あのおかしく、怖い、よく解らない夢。何故美月がああなる?なにがあったんだろうか。なにかの暗示?メッセージ?虫の知らせ?解らないけど、薄気味悪い。もうみたくない。考えたくないけど気が付くとかんがえている。ああ、いやだ…。もう…。





 「零斗」

 門のところで美月が待っていた。

 「美月。待った?」

 「ううん。全然」

 「よし、じゃあ行こうか」

 俺は笑う。顔は引き攣っていないだろうか。なにしろ、今日の授業なんか聞いていなかった。なんにも覚えてない。ああ、今日の6時間はなんだったんだ。あの夢のせいだ。あの悪夢。ちくしょう。まあ、美月本人に言うつもりはないけど。

 それから俺らは他愛もない会話をしながら帰路についた。二人になると美月の笑顔が輝く。美しくて、可愛くて、楽しかった。

 それでね…。えー? マジ? 雪ったらさ。まあまあ…。うん、そうなの。そうだったんだ?……

 「あ、ここでお別れだね」

 30分くらい歩いた頃、分かれ道にさしかかった。俺は右に、美月は左に曲がる。

 「ああ、じゃあ明日」

 「うん、じゃあね」

 それぞれ別の方向へ曲がろうとしたとき、二人の前に黒い車が停まった。窓ガラスが降り、運転席の男が顔を出す。

 「…なんスか」

 咄嗟に美月を後ろに庇い、声を鋭くして問う。

 「君らを探していた者だよ」

 男は笑って後部座席を顎で示す。

 「零斗」

 美月が震える声で名を呼ぶ。それに首を横に振って答えた。

 「逆らっちゃいけねぇ」

 なんかやばい。逆らっちゃいけないんだ、こういうときは。

 「さあ、乗りや」

 



 驚愕だった。連れて行かれた場所は、あの倉庫。あの悪夢。暗示。メッセージ。虫の知らせ。

 「此処何処?」

 美月が泣きそうになっている。けど今はそれどころじゃない。この倉庫ということは、もしかして。

 「元気だったかい?」

 やっぱり。眩暈がした。美月はもう言葉がない。

 「さあ、唐突だが」

 来た。

 



 「二人の中、どちらかの命を奪うと言ったら、どちらを選ぶ?」







 俺がすることは、もうただ一つ。





 もう迷わない。



 彼女を救う。









 この命に代えてでも。

後書き

未設定


作者 悠暉
投稿日:2011/05/23 22:23:08
更新日:2011/05/25 18:12:58
『夢現』の著作権は、すべて作者 悠暉様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:331

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み