小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:553

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1720文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「三本の道」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(146)・読中(11)・読止(1)・一般PV数(1105)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

ある住民 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

三本の道

作品紹介

目の前に道があります。

このまま進み続けますか。
道を外れて進みますか。
いっそのこと、来た道を引き返してみますか。

あなたはどの道を選びますか。
選ばなくとも構いません。

それは、あなた自身の選択なのですから。


 一人の男が三本の道の上に佇んでいた。道は虚空に浮いていて、両端は真っ暗闇に満ちていた。下では何かが渦を巻く、轟音が途切れ途切れに聞こえていた。唯一の光源は、男の足元の道がぼんやりと光をはなっているだけだった。
 さて、ここに三本の『道』がある。
一つ目の道は、前に伸びている道。
二つ目の道は、両端から飛び降りる道。
三つ目の道は、もと来た道を戻る道。
 男は、ひどく歩き疲れていた。ここまで、一体どれほどの距離を歩いてきたかもわからない。
 男は、ひどく歩き疲れていた。
「はぁ、……お先真っ暗とはこのことだ。俺は一体どうしたらいいのだ。いつからこの道を歩いてきたのかも忘れてしまった。ここにいると眠気もささず、腹も減らない。それなのにどうしてこんなにも疲れるのだろう」
 男は立ち止まってしまった。一度止まった足は、容易には動いてはくれない。膝をついたまま、男は溜息ばかりついていた。
 ぼんやりとしているうちに、道の両側の淵から聞こえる轟音が耳に入ってきた。
男は、その暗闇の向こうにこの現状を打破する策を見出した。
男は少し躊躇ったのちに、実行した。

*     *     *

 一人の女が三本の道の上に佇んでいた。道は虚空に浮いていて、両端は真っ暗闇に満ちていた。下では何かが渦を巻く、轟音が途切れ途切れに聞こえていた。唯一の光源は、女の足元の道がぼんやりと光をはなっているだけだった。
 さて、ここに三本の『道』がある。
 一つ目の道は、前に伸びている道。
 二つ目の道は、両端から飛び降りる道。
 三つ目の道は、もと来た道を戻る道。
 女は、ヒールの踵がすり減るのを気にしていた。服は煌びやかに着飾ってあり、白く美しい指にはゴテゴテした装飾の指輪がはまっていた。
「どうしてあたしがこんな目に合わなきゃいけないのかしら。あたしはたくさんの人に愛されるべき人間なのよ、こんな暗くて辛気臭い場所にいることが許せないわ!」
 ぶつくさ言いながらも歩き続けているうちに、あまり歩きなれていなかった女は、何もない道に躓いた。その拍子にヒールの踵は折れてしまった。
「いったいわね! こんな道がいけないのよ! 大事なヒールも役立たずになったじゃないの!」
 女は誰もいない周囲にひとしきり怒鳴り散らすと、壊れたヒールを両端の淵に投げ捨てた。ヒールは暗闇の渦に吸い込まれて消えた。
「もう!」
 それから女は、また歩き出した。

*    *     *

一人の少年が三本の道の上に佇んでいた。道は虚空に浮いていて、両端は真っ暗闇に満ちていた。下では何かが渦を巻く、轟音が途切れ途切れに聞こえていた。唯一の光源は、少年の足元の道がぼんやりと光をはなっているだけだった。
 さて、ここに三本の『道』がある。
 一つ目の道は、前に伸びている道。
 二つ目の道は、両端から飛び降りる道。
 三つ目の道は、そこで立ち止まる道。
 少年の後ろには道がなかった。少年には「戻る道」がなかった。後方の道が途切れていて、彼に戻るすべはなかったのだ。仕方がないので、少年は嫌々歩き始めた。 
薄暗くて、どこまでも続く道は、彼を不安にさせ、そして恐怖を増幅させた。仕舞には泣きじゃくり始めた。
「ううう、……うう」
 少年はそれでも、足だけは止めてはいけないと歩みは止めなかった。しかし、少年は幼く、心細さだけはどうにもならなかった。やがて彼の足がとまった。
 しばらくして泣き止むと、少年は幾分、表情に明るさを取り戻した。目じりには少し涙が残っていた。
少年は上を向いた。いつの日か、父親が口ずさんでいた歌を思い出した。上を向けば、少年の涙は零れることはなかった。
 少年は上から、何かが降ってくるのを見つけた。
 それは落下する恐怖で気絶した男の姿だった。
 男はそのまま落ちていき、少年の立つ道をかすめて、さらに下へと落ちていった。
 少年はそのあと降ってきた赤い靴のようなものを見送って、また歩き出した。
 前から、裸足の女が歩いて来るのが見えた。

後書き

未設定


作者 灰縞 凪
投稿日:2015/10/24 21:17:58
更新日:2015/10/25 19:06:53
『三本の道』の著作権は、すべて作者 灰縞 凪様に属します。
HP『灰縞 凪 

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:553
「三本の道」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS