小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:574

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約2215文字 読了時間約2分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「悲しみの水閘」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(158)・読中(5)・読止(0)・一般PV数(900)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

ふしじろ もひと 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

悲しみの水閘

作品紹介

私は、初めて「悲しみ」を感じた。

悲しみに囚われた私は、悲しみに捕食された。

悲しみ。
目が覚めると、私は悲しみと繋がっていた。


 黒くて冷たくて粘性のある液体が、私の中に流れ込んでくるのが分かった。そうか。これは、私が悲しんでいるからそう感じるのか。このコールタールみたいなものは、私の思い描いた悲しみの具現なんだ。
 涙が零れている。あとからあとから、地面に投身自殺をする私の涙は、全部床の染みになってしまった。なんでこんなに黒い悲しみに囚われなければならないのだ。
 痛みで泣く。身を引き裂かれる、悲しみの痛み。
 私の涙は、清くはない。

     *     *     *

 誰かの死を知っていれば、それよりも他につらい事なんてなかっただろう。こんな悲しみを知るよりも先に、親戚の葬儀に連れられれば、黒く染まった悲しみとは無縁だっただろう。
 眼を閉じた。展開するイメージの中で、私は黒くて粘り気のある悲しみで出来た沼に立っていた。
 悲しみはうごめき、私は四肢を絡めとられる。自由を望んで、無理して腕を動かそうとして、もがいてもそれは私を逃がそうとしない。やがて黒い悲しみは腐臭のする大口を開け、私を捕食する。
 牙もなく、舌もない口は器用に私を嚥下して胃袋へと転がす。
 そこには、赤く潰れたトマトの死骸がへばりついている。トマトではなかった。それは悲しみと共存する、腫瘍だった。
 血糊のこびりついた肉壁の収縮に合わせて、四方から胃液が噴き出てくる。入口の襞につかまっていた私も、迫ってくる胃液に気おされて手を離してしまう。
 浮遊感と、腐った肉の匂いの大気が頬を撫でて、私は黄色い胃液の海に落ちる。
ドボン。
 目を開けても、視界は暗いまま。全身を舐めるように、気泡が私の身体に纏わりつきはじめる。
 私は、悲しみに食われて溶かされる過程をなぞっている。溶けた私は悲しみの一部になる。悲しみは、異物だった私をならして、綺麗に体に溶かし込んでくれる。

 悲しみが満腹になると寝息を立てる。私の全身は溶け、意識を失う。

 次に目が覚めた時、悲しみによって再構築された私は、悲しみの中で細長い管と繋がっていた。
 生臭い体内で、私は全身を悲しみの肉で覆われたまま思考する。

 悲しみの黒さ。それは同時に私の黒さでもある。黒い悲しみを透かした外界の光が、稀に見える。
 声を出さない悲しみは、私を飲んだおかげで声を手に入れた。溶けた私の一部たちは、声を張り上げて泣き叫ぶ。
 黒い悲しみの一部になった自分を憎む。悲しみを殺して、その一部となった醜い自分も一緒に殺してしまいたい。私は、沼だった悲しみから自由を得る。
 不定形の悲しみは、私を飲んで形を得る。醜悪な、人間の形。
二本の足で、悲しみは歩く。黒い足形を残し、悲しみは歩いた道を残す。
 悲しみは私が統べる。悲しみの一部として、悲しみの足を谷へと向かわせる。
 私は悲しみの一部。悲しみは、私の一部。

 悲しみは知らずの内に谷に向かっている。不定形が膨らんで出来た頭と目玉と鼻と口の全部は、谷底へと続く方を向いている。
 手に入れた自由を愛しく思う悲しみは、私を飲んだことを喜んでいる。悲しみだって喜ぶことがあるのだと、悲しみの一部になった私は思う。
 自由は私が制御した。私を悲しみにした悲しみを、私は許さない。
悲しみは谷に着く。
 悲しみは谷の底を見下ろす。
 私の足は、悲しみを谷底へ連れていく。

 悲しみは自分で足を踏み出した。私が踏み出そうとする前に。
 悲しみは谷へと落ちていく。
 悲しみが、私の身体から剥がれるように落下の風圧で散っていく。黒い悲しみの血肉が、吹き散らされて、黒い涙のように形を空気抵抗で歪ませて消えていく。
 悲しみと繋がっていた糸をそのままに。

 私は谷底へ落ちていく。

 私は、悲しみによって殺される。
 悲しみは、私をくるむ布になって谷底へ叩き付けられる前に私を庇った。
 衝撃をくまなく受け止めた悲しみは、床に零した墨のように飛び散って死んだ。
 私から伸びた糸は、潰れた悲しみと繋がっていた。
 今は垂れ、分解されるようにその糸は溶けていく。

 悲しみは私から消えた。
 それでも、私が悲しみだった記憶が私の中から離れない。

 私は、悲しみを使役し、悲しみは私を使役していた。
 悲しみは、そのときだけ私だった。
 私は、悲しむ私を殺した。

 谷底へ飛び降りた悲しみは、私を残して死んだ。
谷底は寒い。暗くて、孤独だ。私は悲しみの一部だったとき、自分とよく似た体温を得ていた。
 その時の私は、一人ではなかった。

 悲しみの黒さが私だとしたら、世界の誰かの悲しみはどんな色をしているだろう。
 食べられたら、体の中はどんなだろう。どんなにおいが立ち込めているだろう。
 どれだけ、優しい奴だろう。

 私は寒くて、暗い谷底をひとりで歩いていく。
 私は憎悪した悲しみはもういない。けれど、体の一部を失ったような喪失感は、私の中からいなくならない。
 谷底を抜けたら何があるだろう。
 
 美しい外界の光に包まれていく。

「悲しみのいない今の私は、世界がきっと前よりも美しく見える気がする」
 私は黒い影に向かって、そう語りかけた。
 誰かにかけた、初めての声だった。

後書き

未設定


作者 灰縞 凪
投稿日:2016/03/30 14:25:43
更新日:2016/03/30 14:36:02
『悲しみの水閘』の著作権は、すべて作者 灰縞 凪様に属します。
HP『

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:574

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み