小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:579

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1237文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「灰に吠える」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(153)・読中(5)・読止(0)・一般PV数(790)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

遠藤 敬之 ■白銀 ■まっしぶ 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

灰に吠える

作品紹介

 うらぶれた捨て犬は、冷たい灰色の地面に座り込み、
 あの日の選択を、あの日の自身を嘆いて叫ぶ。

 器用にもアコースティックギターをかき鳴らし、
 誰にも何にも見向きもされず、
 だた、かつて死ぬ気で告ったあの人の面影を探している。

 そんな、売れない歌うたいの話。



 歌うたいと商業主義は、案外相反するもの同士だと俺は思う。俺はしがないシンガーソングライターだ。今日も、硬貨らしきものは一銭も投下されなかったギターケースを引っ提げて、無精ひげが背の低い雑草よろしく生えまくる面を晒しながら地下鉄を歩いていた。
 もっと今日を生きる活力が俺にもあった時、傍には彼女がいた。大学の寂れた校舎裏、死ぬ覚悟で彼女に告り、めでたくオーケーを貰ったその日を最高潮にして、今もぐんぐんと俺の幸福は下降中である。一度彼女の名を使った曲を作ったことがあったけど、あまりに悪女に書きすぎてぶん殴られたことを思い出した。泣きたくなる。別にそれが別れた原因でも何でもないけど、間違いなくその時の俺は生きようとして、そのときを生きていた。
「……くそったれ」
 地下鉄のホームを行きかう奴らが俺の横を通り過ぎるたびに、そいつらに向かって意味のなさない悪態をつく。たぶん、すれ違いざまに聞いた俺の毒を、そいつらは疑心暗鬼的に解釈して胸が曇るんだろう。ざまあみろ。
 俺との別れ際、順子は俺に夢を捨てれば楽になれると囁いた。そうすれば私はどこへも行かないよ? ねえ。私と、あんたの夢。どっちが大事なの?
 その言葉通り、俺は今の選択をひたすら後悔しながら自分の手元から去っていった女の顔を思い出している。
 そして、もし、その時の選択を誤らなかった先の未来を想像して脳味噌が果てで描いたその情景が、あまりにも残酷で、そして耐えられないほどに綺麗過ぎて。小さな背中に背負った、子供の貯金箱よりもお粗末な自慢のギターケースとは、比べるのもばかばかしくなるくらいに正反対だった。
 だから。
 だから俺は、今日もう一回だけ孤独なリサイタルをやってやることに決めた。日の当たらない地面に腰を下ろし、空気とギターで隙間を埋めたケースを開く。顔の潰れた連中が行きかう地下鉄で、俺の元に残ってくれた唯一をかき鳴らしながら叫ぶ。
 
 この声が届かなくていい。
 きっと、俺という生き様は最初から最後まで自己満足だった。今や、その満足すらも捻出できず無様にこうして喘いでいる。

 この音色が響かなくていい。
 きっと、俺という野郎の選択は最初から最後まで承認欲求だった。順子に俺の夢を見ていて欲しい。どれだけみすぼらしく堕ちたとしても、お前よりも価値を見出してしまったものに今でもすがりながら生きながらえている俺を知ってほしい。

 しょうがねえから歌ってやるよ。
 校舎裏、死ぬ気で告ったあの日から、俺は今も歌ってるぞ。
 最後の曲の最期のサビ。悪女と踊る、不細工な歌うたいは不相応の末路を迎え、今とは程遠い、幸せに落ちる。
 誰かとよく似たその人は、俺のギターケースに小銭を投げ入れ、いつまでも俺の歌を聞いていた。曲が終わり、その物好きの顔を拝んでやろうと汗にまみれた髭面を上げる。
 
――俺は、その姿を見止めて、目を見開いた。

後書き

未設定


作者 灰縞 凪
投稿日:2016/06/25 21:37:37
更新日:2016/06/25 21:37:37
『灰に吠える』の著作権は、すべて作者 灰縞 凪様に属します。
HP『

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:579

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み