小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:593

こちらの作品は、「激辛批評希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約807文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「鍛冶職人とその弟子」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(78)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(400)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

遠藤 敬之 ■a10 ワーディルト 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 激辛批評希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

鍛冶職人とその弟子

作品紹介

鍛冶職人とその弟子の関係を書いた作品です。
二人の仲はそうよくはなく、最後には……。

激しい眠気のなか書いたので、雑に書いてしまっているかもしれません。初投稿なので、短めにしてあります。
感想書きにくいと思いますがよろしくお願いします。


 風が吹いてきた。
 馬に跨って、湖のまわりを意味もなく回っていると、ラルの背をなにかに押されるように感じた。草はざわめき、白い綿毛が舞い上がった。
 宙に迷っているその小さな種の先に、人影がちらっと見えた。風に逆らって、その人物が、微かになにかを言っている。――ラーザの怒声だ。

「ラル、一体どこを放浪してたんだ!」

 ラーザが、こんなにも早く帰ってくるとは、思ってもいなかった。家には鍵をかけており、待ちくたびれたラーザは、眉を寄せて庭におかれた椅子に座っている。
 こんなこともあるかもしれないから、合い鍵を作っておいたはずだが、きっと彼は忘れているのだろう。

 一昨日のことだ。
 ラーザは王国に呼びだされ、山奥に建てられた家から、一里離れた王国へむかったのだ。早くても一週間はかかると言われていたから、仕事を終えてからの散歩を長くしていたのに……。ラルは、ラーザにそれを言いたかった。

「ごめんなさい、ちょっと暇つぶしに……」

 だが、そんなことを言えるはずもなかった。ラルは、外の景色を眺めるのが好きで、ラーザがいない時にはよく家をこっそり抜けだす。
 ラーザは、「そんなことをする暇があったら働け」と、ラルに鍛冶をするよう催促するのだ。

 ラルは、鍵を開けようとすると、ラーザに鍵を奪われる。触れた手が凍るように冷たく、本当に待たせてしまっていたのだ、と申し訳なく思った。
 ラーザはドアの鍵を開けると、乱暴にドアを開けて、自分だけ家に入って鍵を閉めた。

「えっ? ちょ、ちょっとラーザ!」

 ラルは、焦ってドアをドンドンと叩いた。しかし、中から返事がかえってくることはなかった。ラーザは、一度家に入ると、中々外に出ようとしない。
 王国に呼ばれたのも、仕事をしていないからだろう。
 なんにせよ、これからラルはどうなるのだろうか?

後書き

未設定


作者 相楽朋也
投稿日:2016/11/23 22:52:54
更新日:2016/11/23 22:52:54
『鍛冶職人とその弟子』の著作権は、すべて作者 未設定様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:593
「鍛冶職人とその弟子」へ

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS