小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:600

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約3590文字 読了時間約2分 原稿用紙約5枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ウォータートーク」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(19)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(148)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

遠藤 敬之 ■ある住民 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

ウォータートーク

作品紹介

陽の光は、水を青に染め上げる。
水、青く。
指の隙間を駆け抜ける。
粒と、流れとの合間に。
歌う。
水、反照。


水にまつわる掌編集です。




《始めの一粒》

 最初の一粒が降り始めてから、それは今でもアスファルトに打ちつけている。その姿は一瞬ごとに変わり、歪み、やがて砕け散ってしまう。自分の最後を知っていながら、それでも止むことはない。


《冷たい青空》

 ついに、雲の切れ間から陽の光が降り注ぎ始めてしまった。
 雨のあとの淀んだ空気を切り裂くように、光の束は輝いている。陽光は時が経つにつれて、嬉しそうにその数を増して、やがて雨雲をもみ消してしまった。
 曇り空を眺めたかった人から見れば、陽の光なんて鬱陶しいだけだ。けれど、陽の光を求めて曇り空を眺めていた人にとっては、この光はどれほどの力を与えるのだろう。
 今、水たまりは、見苦しいほど光を乱反射させている。蜘蛛の巣は、へばりついた水滴をごてごてした装飾品のように輝かせている。どうしよう。空が、晴れてしまう。
 僕は真っ青に晴れ渡った空を見たくないから、今まで曇り空ばかりを眺めていた。晴れ渡って、何もない空はあまりにも空虚すぎて、いやらしいほどに白々しくて、その純真さを見せつけられているようにすら感じるときがある。
 そんな感覚を呼ぶ晴天は、冷え切った光で作られている。雲は、空の冷たさを隠してくれる。雨は、純真さを汚してくれる。太陽は、空の空虚さを暖かさにかえてくれる。
それでも青空は、残ったもの全てをかき集めて、あんなにも美しい虹を見せる。虹の前には、雲も雨も太陽も、すべてはただの材料になってしまう。

 そんな青空を嫌いだと思う僕は、いつまでもいつまでも曇り空であってほしいと願う人間だ。


《孤独な水平線》

 水平線は揺らがない

 どれだけ海が波立てても

 どれだけ空を海鳥が飛び交っても
 
 海と空の狭間は、たった一人だけの場所
 
 「孤独」でいることを望んだ君と
 
 紙飛行機に乗って、飛んで行った
 
 僕は君を乗せる紙飛行機になる
 
 真っ青な海に、真っ青な空
 
 その狭間へといく、真白な紙飛行機
 
 水平線は、世界にたったひとつだけ
 
 水平線は揺らがない


《『死ぬ』》

「君は、死ぬんだ」

 死ぬ? 僕が?

「そう。外へ出るんだ」

 外? この、僕が入った容器のことじゃなくて?

「うん。その中で丸まっているだけでもいいのかい?」

 今、それでいいかもって思っていたところだよ。

「そうなんだ。でもね、時間が来れば君は死ぬんだ。誰に言われるまでもなく、死ぬんだよ」

 死ぬって、怖いことじゃないかい?

「それでも君は、なにしたって死ぬんだよ。それはこの中にいた全ての人たちが、みんな経験してきた事さ」

 みんな? この中に昔入っていた人がいるの?

「ううん。ここは君だけの場所。やがて死ぬ人たちが入るところ。だから、ここから出ていくときは君が死ぬときのことなんだよ」
 
 そっか。なら僕は、いつか死ぬんだね。
 そのときまで、ここで少しだけ眠るとするよ。


《『生まれる』》

「君は、生まれるんだ」

 生まれる? 僕が?

「そう。外へ出るんだ」

 外? この、僕の入った容器のことじゃなくて?

「うん。その中で丸まっているだけでもいいのかい?」

 今、それでいいかもって思っていたところだよ。

「そうなんだ。でもね、時間が来れば君は生まれるんだ。誰に言われるまでもなく、生まれるんだよ」

 生まれるって、怖いことじゃないかい?

「それでも君は、なにしたって生まれるんだよ。それはこの中にいた全ての人たちが、みんな経験してきた事さ」

 みんな? この中に昔入っていた人がいるの?

「ううん。ここは君だけの場所。やがて生まれる人たちが入るところ。だから、ここから出ていくときは君が生まれるときのことなんだよ」

 そっか。なら僕は、いつか生まれるんだね。
 そのときまで、ここで少しだけ眠るとするよ。


《深窓の令嬢》

 水槽の中で永遠に閉じ込められた金魚が、外へ出るのにはどうしたらいいのだろう。私は自室にいるペットを眺めながら考える。
 私は、物思いにふけりたいがために金魚を飼ったのだろうか。それとも、生き物が部屋にいた方がリラックスできるからだろうか。金魚は口をパクパクしながら、体についた赤いレースを、ひらつかせる。
 そういえば数学の宿題を忘れていた。
 私はそれきり、金魚のことは忘れていた。
 
 水槽の中に閉じ込められた金魚は、肌色の壁を眺めながら考える。この中で永遠に過ごすにはどうしたらいいのだろう。
 与えられ続ける餌、日に日に汚染されていく環境。
外が見えない。汚れの塊が酸素ポンプに吸い込まれていく奇妙な音が、ずっと遠くに聞こえる。
 それから、世界が暗くなったり、明るくなったりを、幾度も繰り返した。その時も、餌は与えられ続けた。
 金魚の体は水面に浮かびあがり、水槽の汚れになった。
 それからも、餌は与えられ続けた。
 
 金魚は、それから永遠というにはあまりにも短い時間を、水槽の中で生き続ける。


《孤独な呼吸が終わるまで》

 空と海の境界が曖昧になる青い海。とろけるように浮かぶ雲。一人分の消えかけた足跡を残す浜辺。
 寄せては返す無限のリズムは心臓の鼓動のように当たり前だった。
 羊水と同じ味の水を飲む。
 私は、胎児のように水中で丸くなって、どこまでも落ちていく。 
 深く、遠いところを目指して。

 沈んでいると思っていたとしても、私の体は沈まない。
 泳ぐことも出来ない。
 水面に浮かぶクラゲみたいに、水と同化することも出来ない。

 目を閉じれば紙飛行機に乗った私の姿が浮かび上がる。
 海水に濡れた頬に、空を駆ける影が覆いかぶさる。

 空を仰ぐと、小さな紙飛行機が落ちてくるのが見えた。


《箱船と警鐘と》

 朝、太陽は昇らなかった。深い色を湛えた腫れぼったい雲が、さめざめと雨を零していた。
僕は雨が屋根を打つ音で目を覚ました。少しの間、布団の中で雨の音を聞いていたかった。

『よくきいて。いいかい、もうこの世界は滅んでしまう』

 頭の中では、雨音で起こされる前に見ていた夢をリピートしていた。重要なところだけを抜粋するように。

『雨が、世界を飲み込むんだ。ここから旅立たなければ』

 誰とも似ていて、誰でもないような人から聞いた言葉。

『君は大切な人を一人だけ連れて世界に別れを』

 雨の音は、夢の中でもずっと聞こえていた。

『正午の鐘が鳴るころに、街外れの丘へおいで』

 その人は慈愛の深い表情で、僕を夢から送り出した。

『出航はその時。君はわたしに魅入られたんだ』

 夢から覚めてからも、僕は眠気に負けてしまった。

 僕は、ぼんやりと布団からこぼれ落ちるように起きだした。それは、ぬくぬくと二度寝した午後だった。


   《終わりの一粒》

 雨が降り始め、空は青さを失った。
 青空は分厚い雲に隠されて、その冷徹な青い光を差すことはない。雲の中を進む巨大なものを隠すように、雨は強さを増していく。水たまりにできる波紋の数を数えることが出来なくなると、雨が濡らすものは、地面に留まらなくなる。
 雨は世界中に降り注いでいく。

 今、雨の降りだした曇天を眺める男の顔にも。
 今、誕生しようとする新しい命を抱く、母親の腹にも。
 今、忘れられた小さな金魚が住み続ける鉢のなかにも。
 今、淀んだ空と海の狭間に浮かぶ、少女の頬にも。
 今、雨に打たれる孤独な少女を探す紙飛行機の翼にも。
 今、惰眠をむさぼる少年の家の屋根にも。

 分厚い雲を切り裂いて、雨に沈む街に箱船がその姿を見せた。箱船は人類に別れを告げ、新しい世界に向けて旅立っていくのだ。
 乗るべき「ノア」を忘れた箱船は、水没する世界を尻目に飛翔していく。降り注ぐ雨は触れたもの全てを土くれに変え、世界は元の姿に戻っていく。
 空がようやく泣き止んだときには、もう世界は限りなく平坦な泥で覆われていた。そこには、一切の人工物が消えていて、人間の営みを完全に過去のものにしていた。
 その全てを見下ろす者は、平坦な世界に響き渡る動物達の鳴き声にまぎれて、小さく呟いた。
 
 待ち合わせに遅れるなんてどうかしている、と。

後書き

未設定


作者 灰縞 凪
投稿日:2016/12/14 22:49:32
更新日:2017/01/31 09:38:49
『ウォータートーク』の著作権は、すべて作者 灰縞 凪様に属します。
HP『

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:600

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み