小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:619

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約634文字 読了時間約1分 原稿用紙約1枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「その日の彼は。」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(12)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(104)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 現代ドラマ / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし /

その日の彼は。

作品紹介

その日の彼は、一味違った。

普段の彼とは違う彼に、私はみとれていた。
私は、彼に恋をしていた。

彼も、私に恋しているのかもしれない。


 その日の彼は一味違った。
 彼はいつもの寝癖を丁寧にとかしてねかせていた。服装も彼なりに身だしなみに気を使って、それなりに上品なものを纏っている。
 彼は、朝から上機嫌だった。鼻歌なんかを歌いながら、全てのことが自分を中心に回っているとでも考えているのではないだろうか。スキップなんてして、実に楽しそうだ。左腕のピカピカとした金枠の腕時計は、有り金をつぎ込んで買ったのか普段の彼からは考えられないほど高価そうな代物だ。
 彼のあとをこっそり後からとつけていると、彼の奇行にも納得がいった。
 「恋」だ。彼は恋をしたのだ。その誰かのために、これからプレゼントか何かを買いに行くのだ。だからあんなにも上機嫌で、めかし込んだ格好をしているのだ。
 普段は、誰からも愛されない、消えてしまいたい、と嘆いていた彼だ。大方、恋をして世界を見る目が変わったのだろう。見るもの全てが美しく、輝いて見えるようになったのだろう。そうに違いない。
 彼は今、屋上のテラスでコーヒーを飲んでいる。高層にあるここは、休日の間だけおしゃれなカフェが開いていた。優雅に、下方に広がる光景を眺めてる彼はやはり普段の彼とはまるで違う。
 ブランド物のコートが、当然のようによく似合う落ち着いた男性にしか見えない。
 私は、そんな彼の姿に見とれていた。
 彼は、おもむろに席を立った。自分の伝票を私のテーブルに叩き付けると、トイレに行くような気軽さでそのまま鉄柵の向こうに消えた。

後書き

未設定


作者 灰縞 凪
投稿日:2017/09/30 23:18:04
更新日:2017/09/30 23:18:04
『その日の彼は。』の著作権は、すべて作者 灰縞 凪様に属します。
HP『

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:619

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み