小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:635

こちらの作品は、「お気軽感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約1734文字 読了時間約1分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「3体の神々」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(24)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(137)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

灰縞 凪 ■遠藤 敬之 


小説の属性:一般小説 / 未選択 / お気軽感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし /

3体の神々

作品紹介

私たち神様にも、出来ないことはあるんだよ。


 昔々、あるところに3体の神がいました。名前はそれぞれ、デウス、エクス、マキナといいました。3体はいつも一緒にいて、天界で他の神に些細なイタズラをしかけては叱られる、そんな日々を送っていました。
 ある日、3体は、主神であるゼウスにちょっかいをしかけることにしました。他の神々からその恐ろしさを聞いていたマキナは躊躇いましたが、二体との仲を優先し決行することにしました。
 3体は、ゼウスが大事にしているプリンをこっそり食べました。このプリンは天界一美味しいプリンで、ゼウスの大好物でした。そして、『ご馳走さまでした』と書いた手紙と共に、空になった容器を置いておきました。
 翌日、ゼウスは、空になったプリンの容器に気がつきました。そして、置いてあった手紙を読みました。ゼウスは、顔を真っ赤にして怒り、他の神々に訊いてまわりました。その様子を見て、3体はくすくす笑っていました。
 しかし、3体の表情はすぐに真顔になりました。ゼウスの怒りを恐れたある神が、3体の名前を口にしたのです。
 さあ大変です。3体はゼウスの雷を恐れ、急いで各々の自分の家に帰りました。


 ゼウスが、横並びになっている3体の家の前にやって来ました。3体は神様にお祈りしますが、彼らの願いはゼウスの耳に届くばかりで、叶えられそうにありません。
 ゼウスはまず、デウスの家の前に立ちました。そして、右手に持った杖で雷を呼び出しました。
 ズガガーン! ゼウスの雷は、まっすぐデウスの家に落ちました。
 しかし、デウスの家には避雷針が『たまたま』取り付けてあり、ゼウスの雷を地面へ受け流しました。
 ゼウスは、デウスの家を後回しにして、隣接しているエクスの家をターゲットにしました。エクスの家に避雷針がないことを確認すると、杖で雷を呼び寄せ、エクスの家に落としました。
 ズガガーン! ゼウスの雷はエクスの家に直撃しましたが、焦げている様子ではありません。なんと、エクスの家は『偶然にも』絶縁体で作られた家だったのです!
 全知であるゼウスは、家の壁を触ってそれを感じとりました。そして、エクスの家も後回しにすることにしました。
 ゼウスは、隣のマキナの家の方を向きました。マキナの家には避雷針はなく、材質も絶縁体ではありません。今度こそ、天罰が下ってしまいます。
 ゼウスは今までの数倍の電力を呼び寄せました。そして、マキナの家に叩きつけるように落としました。
 しかし、マキナの家は焦げませんでした。むしろ、雷を浴びたあとのほうが、室内から漏れる明かりが強くなっています。
 ゼウスは、マキナの家が自分の雷を、『奇跡のように』電力に変えてしまったのだと悟りました。これでは、マキナに罰を与えることができません。
 ゼウスは、3体の『運』が自分の力を上回っていることを知り、3体に天罰を下すのを諦めました。ゼウスは、背中に哀愁を漂わせながら、自分の家へと帰っていきました。
 その様子を見た3体は深く反省し、心を入れ替えてイタズラから足を洗いました。3体は、今までいたずらをおこなった全ての神々に誠心誠意謝罪をして、自分たちの行いを正しました。めでたしめでたし……







――なんてことはありませんでした。3体は、表向きは反省していましたが、実はいたずらを実行するチャンスを伺っていたのです。マキナも、ゼウスへのいたずらで吹っ切れてしまったらしく、躊躇することはなくなっていました。
 3体は、ある日を境に、またいたずらをするようになりました。しかし、『運』を味方に付けている3体に、周りは手の施しようがありません。呆れつつも、黙認をするようになりました。
 やがて、3体は人間が住む下界にも、ちょっかいを出すようになりました。人知を超えるようないたずらをしては、人間の取り乱すさまを見て笑っていました。
 当初、人間は3体が起こした『奇跡』を恐れていましたが、いつしか3体の存在に気づき、『機械仕掛けの神』と呼び、崇めるようになりました。そうして、いつまでも畏怖畏敬の念を持って言い伝えられました。めでたしめでたし……

後書き

未設定


作者 惨文文士
投稿日:2018/04/08 01:14:01
更新日:2018/04/08 01:14:01
『3体の神々』の著作権は、すべて作者 惨文文士様に属します。
HP『惨文文士 twitter

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:635

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み