小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:638

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「一般小説」です。

文字数約2280文字 読了時間約2分 原稿用紙約3枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「コンシャスネスがハイヤーなカントリーサイド」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(12)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(108)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし /

コンシャスネスがハイヤーなカントリーサイド

作品紹介

またの名を、意識高い系田舎。


 パソコンをフロントに構え、婆ちゃんがキーボードで何やらタイプしている。僕は、彼女のポリシーである「ワーキングファースト」のブレイクを覚悟して、デイリーにマインドにあったあるワードをアウトプットした。
「婆ちゃん、やっぱりマイホームタウンはカントリーサイドだよ」
「何を言ってるんだい、意志(ハート)。ここが、カントリーサイドなわけないじゃないか。間違いなく、アーバンだよ」
 婆ちゃんは、エフィシャンスを重視してか、タスクをディールする手を止めないで、僕のクエスチョンにレスポンスした。
 しかし、「カントリーサイド」という言葉にヘイトを覚えたのか、彼女のエモーションはアングリーだった。
「エクストラなカンバセーションでディスターブするなら、マストなクエスチョンだけレフトして、ゲットアウトしな」
「いや、ノープロブレムだよ。ごめん」
 婆ちゃんにアポロジーのフレーズを言った後、僕はそのルームを後にした。
 廊下では、爺ちゃんが膨大なアマントのドキュメントを運んでいた。その内容は、婆ちゃんがディールしたタスクに関する物だった。まだ、ペーパーレス化していないのは、サプライズだ。
 フューチャー化しているアーバンとコンペアすると、AIやロボットのユーズがレイト気味だ。勿論、シチュエーションにフィットさせるのはマストだが、カントリーサイドにマッチするニーズがある以上は、アクティブにユーズしていく必要がある。AIやロボットがインクリーズするスペースは、まだまだありそうだ。
 爺ちゃんは僕に気づくと、ヘルプをコールした。僕は、そのコールにレスポンスして、ヘルプに入った。
 爺ちゃんと共にディール済みのドキュメントの運送タスクをフィニッシュすると、パートタイムジョブ先のベンチャーカンパニーのプレジデンタより、コールが入った。エマージェントにディールがマストなプロブレムが発生したから、アザップでジョインしてほしいとのことだった。
 彼女をリスペクトしているため、リジェクトするわけにはいかない。僕はその場でアクセプトし、コールを切った。そして、爺ちゃんと婆ちゃんにカンパニーのプロブレムについてエクスプレインして、家を後にした。
 今日のワークも、ビジーなことになりそうだ。サマーのスタートを思わせるホットな陽気と、僕をホールドするウィンドのハーモニーを感じながら、バイサイクルにライドして、カンパニーへ向かった。



 オフィスでは、私のリスペクトするアッパークラスの先輩の内のセベラルが、忙しそうに働いていた。彼らは、僕たちワーカーをコントロールするのがメインだ。カンパニーのブレインと言えるだろう。ちなみに、他のワーカーたちは今回のようなエマージェントのケースを除き、フレキシブル制でワーキングしている。
 私は、近くにいたゼネラルマネージャーに声をかけ、今回のプロブレムについてアスクした。彼は、コアな部分をエフィシャントに私に伝え、自分のタスクへ戻っていった。さて、ワークタイムだ。

**************************************

 パソコンを前に構え、婆ちゃんがキーボードで何やら打っている。僕は、彼女の信条である「仕事第一」の邪魔を覚悟して、日頃から心にあったある言葉を吐き出した。
「婆ちゃん、やっぱり僕の地元は田舎だよ」
「何を言ってるんだい、意志(いし)。ここが、田舎なわけないじゃないか。間違いなく、都会だよ」
 婆ちゃんは、効率性を重視してか、業務を処理する手を止めないで、僕の質問に答えた。
 しかし、「田舎」という言葉に嫌悪感を覚えたのか、彼女の表情は不機嫌だった。
「余計な会話で邪魔するなら、訊きたい質問だけ訊いて、出ていきな」
「いや、なんでもないよ。ごめん」
 婆ちゃんに謝罪の言葉を言った後、僕はその部屋を後にした。
 廊下では、爺ちゃんが膨大な量の書類を運んでいた。その内容は、婆ちゃんが処理した業務に関する物だった。まだ、紙を使っていることに驚きだ。
 近未来化している都会と比べると、AIやロボットの利用が遅れ気味だ。勿論、状況に合わせるのは絶対条件だが、田舎に需要がある以上は、積極的に活用していく必要がある。AIやロボットが拡大する余地は、まだまだありそうだ。
 爺ちゃんは僕に気づくと、助けを求めた。僕は、その声に応えて、助けに入った。
 爺ちゃんと共に処理済みの書類の運送作業を終えると、アルバイト先のベンチャー企業の社長より、電話が入った。早急に処理が必要な問題が発生したから、すぐに来てほしいとのことだった。
 彼女を尊敬しているため、断るわけにはいかない。僕はその場で快諾し、電話を切った。そして、爺ちゃんと婆ちゃんに会社の問題について説明をして、家を後にした。
 今日の仕事も、忙しいことになりそうだ。夏の訪れを思わせる暖かな陽気と、僕を包む風の調和を感じながら、自転車に乗って、会社へ向かった。



 会社では、私の尊敬する上位階級の先輩の内の何人かが、忙しそうに働いていた。彼らは、僕たち社員を管理するのが主な仕事だ。会社の頭脳と言えるだろう。ちなみに、他の社員たちは今回のような緊急の場合を除き、自由裁量制で働いている。
 私は、近くにいた執行役員に声をかけ、今回の問題について尋ねた。彼は、大事な部分を端的に私に伝え、自分の業務へ戻っていった。さて、働く時間だ。

後書き

未設定


作者 惨文文士
投稿日:2018/05/18 19:57:05
更新日:2018/05/18 19:57:05
『コンシャスネスがハイヤーなカントリーサイド』の著作権は、すべて作者 惨文文士様に属します。
HP『惨文文士 twitter

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:638

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み