小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説鍛錬室

   小説投稿室へ
運営方針(感想&評価について)

読了ボタンへ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

作品ID:640

こちらの作品は、「感想希望」で、ジャンルは「純文学」です。

文字数約1274文字 読了時間約1分 原稿用紙約2枚


読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「セミの鳴かない夏」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(15)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(113)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

唐楓 ■灰縞 凪 


小説の属性:純文学 / 現代ファンタジー / 感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし /

セミの鳴かない夏

作品紹介

 現実と幻覚、妄想が交錯するとき私は何を思うのだろうか.記憶を失った私はそこで何を見るのか.


 セミの鳴かない夏だった.海は私の前に静かに横たわっていた.波は止んだ.記憶を持たぬ私は幻覚と妄想という一種の別世界の住人でもあった.記憶を求めて私は海底を目指す.海底では鯨が私の記憶を食べていた.楽しかった思い出や悲しい思い出、私が失った記憶さえ食べていた.私は泣いた.その涙は海を満たすと、何食わぬ顔をして混ざった.
 私は何か思い出さなければならないことがあるような気がしていた.いや、むしろ思い出すことが使命であるように感じられた.私は幻覚と妄想の中に答えを見出すよりほかなかった.鯨が失った記憶を吐き出した.その記憶に私は駆け寄る.
 私は海の家へ向かった.中へ入る.するとそこには病院のベッドが並んでいた.病院?そうか.
                 追想
 あれは二年前の今日のことだった.母親の容体が急変したと聞いて私は病院へ向かった.母親は最早瀕死であった.母親とやり残したことなどいくらでもあった.胸が痛む.彼らは隠れて、今頃になって私の胸をつかんで離さないのである.ベッドの横には花瓶が一つ、寂しそうに佇んでいた.
                 ――
 私は貝を拾った.中身を見てみると、花が咲いていた.奇麗な、大きな赤い花である.花びらが一枚ひらりと舞い落ちた.私はその花びらの中に一瞬、母親の顔を見た.

                 追想
 母親は田舎の海の岩に咲く花を見たいと言った.私は海へ向かう.岩を登り、花を摘み、母親のもとへ向かった.母親の容体はさっきより悪くなっていた.時という真犯人は、私に姿を見せない.私は花瓶にその花をさした.母親は花と一緒に微笑んだ.そのあとのことは良く憶えていない.
                 ――
 私はふと母親はどこにいるのだろうと思った.この世にいないことはわかっていた.だが、この世にいないことは、この世界にいないことを意味しない.私は走り出した.海の上をわき目もふらずに.母親の後ろ姿が見えた.私は叫ぶ.叫びはそこら中にいた空気たちを震わせ、海に波を起こさせた.母親は言う.いや、母親の霊であるか.
 「ずいぶん待ったよ.遅かったねえ」
 「……ごめん」
 「いいのよ」
 母親の手にはあの赤い花があった.
 「花.ありがとうね」
 私はこんなことをしている場合ではないと思った.
 「言いたいことがあるのだろう」
 母親はゆっくりと、波に同調していった.
 「あなたはもう一人でやっていけるわ」
 波が荒れてきた.私はその現実を受け入れることができない.
 その時であった.あの貪欲な鯨が母親をさらっていったのは.波がさらに荒れる.私は泣く.
 気が付くと私は、元の砂浜にいた.足元にはあのベッドの横にあった花瓶が転がっていた.中にはメモが入っていた.
 『あなたとの思い出たちと私.鯨の腹で永遠になれ』
 母親はもういない.けれども私は一人で生きる.舞い落ちた花びらが目の前を通っていった.

後書き

未設定


作者 唐楓
投稿日:2018/06/25 01:11:01
更新日:2018/06/25 01:11:01
『セミの鳴かない夏』の著作権は、すべて作者 唐楓様に属します。
HP『未設定

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!

読了:小説を読み終えた場合クリックしてください。
読中:小説を読んでいる途中の状態です。小説を開いた場合自動で設定されるため、誤って「読了」「読止」押してしまい、戻したい場合クリックしてください。
読止:小説を最後まで読むのを諦めた場合クリックしてください。
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

自己評価


感想&批評

作品ID:640

小説の冒頭へ
作品紹介へ
感想&批評へ
作者の住民票へ

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み