小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


第2小説投稿室

第1小説投稿室 小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1148

読了ボタン

button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「SASUKE」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(8)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(46)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


SASUKE

第一話

目次

 「なぜ俺は生きているのだろうか」

いつからこう思い始めたのかわからない、だが今日もまた、いつものようにこう考えながら生きている。自分の存在価値をひたすら考え一日が終わる、いつの日だろうか、自分の世界が変わらないかと妄想を始めたのは・・・



いつも通りの生活、毎朝決まった時間に起き、決まった時間に学校に行き、決まった事をする。毎日毎日同じ事をやり続ける。そんなつまらなくて楽である意味平和な生活は突然終わりを迎えた。

俺が15の夏ごろだった。空は真っ青でその中に堂々と大きな入道雲が浮かんでいた。その日は夏休みの真っ最中で普通なら、いつもの遊び仲間と連んで外に遊びに出ているはずだが、その日は違った。その日に限って、みんな家族旅行に行ってしまっていて、誰一人遊べる人間がいなかった。しかたがないから、テレビを見て一日を過ごす事にした。なにもする事がなく、一言で言えば「暇」であった。こうなると、俺は自分の存在価値を考えてしまう。

「本当に自分は生きている理由があるのか、

 自分は誰のために生きているのか、

自分を頼ってくれる人はいるのか」

考えれば考えるほど自分が嫌になる。

そんなことを考えているとテレビが好きなアニメから緊急のニュースに変わった。そのニュースはとても衝撃的なものだった。

「アメリカが消滅した・・・?」
作者:ストライク
投稿日:2012/08/13 00:53
更新日:2012/08/13 00:53
『SASUKE』の著作権は、すべて作者 ストライク様に属します。

目次

作品ID:1148

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。

ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
第1投稿室(完結済)
第2投稿室(新規可)
住民票一覧
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み