小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1049
「太陽な君と暗闇の私」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「太陽な君と暗闇の私」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(22)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(114)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


太陽な君と暗闇の私

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


未設定

前の話 目次 次の話

ざわざわと一層騒がしくなる教室内。



女子も男子も転校生が入ってくるのを今か今かと待ちわびている。



そんな少し浮足立った教室内で、私は1人頭を抱えていた。



転校生が来ると言うことは、私には絶望しか見えない。



だって、そうじゃん。



たとえ転校生が来たとしても敵が増えるだけ……。



転校生が来ると、いつも見て見ぬふりをするか、彼女らに混じるかのどちらかで、誰も私の見方なんてしてくれない。



憂鬱な気分で前を向くと、丁度ドアが開いて転校生と思しき人物が入ってくる。



……転校生が入って来た瞬間。教室内は女子たちの悲鳴で埋め尽くされた。



先生がどうしてあんな表情をしたのか、分かった。ものすごく分かった。



転校生は男子で……それも、ものすごく美系。



女子達が大人しくするはずがない。



転校生は特にうるさそうにする素振りも見せず、どころか嬉しそうに笑いながら愛想のいい笑顔を振りまく。







「天野 翔夜です。よろしくなっ」







眩しいぐらいのその笑みを見て、何故か私はものすごい虚無感に襲われる。



どうしてか泣きそうになるのを自分の腕を掴んで何とかやり過ごす。



後書き


作者:友美菜
投稿日:2012/07/18 23:41
更新日:2012/07/19 23:49
『太陽な君と暗闇の私』の著作権は、すべて作者 友美菜様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1049
「太陽な君と暗闇の私」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS