小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1114
「本日、晴天ナリ」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「本日、晴天ナリ」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(19)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(124)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


本日、晴天ナリ

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


第一話 出会イ

目次 次の話

それは7月の事だ。



ーーー2年前、夏ーーー



とある日の教室、朝のホームルーム前。

後3週間で夏休みだ、などとたわいない話をしていると、チャイムが鳴った。

担任教師が教室の前まで来て、誰かと話したかと思うと、

すぐに教室のドアを開けた。知らない女子を連れている。

と、思うと教師を嫌がらせする為にドアの上にセットした、

黒板消しが彼女の頭にヒット。

教室はなんとも言えない雰囲気に。

「いやあ、こんな時期に転校生か、珍しいね。」

などと呑気に話しているのは、僕の友達の、相川里志。

こいつが黒板消しをセットしたのに、何て奴だ。

まあ、せめてもの配慮で、黒板消しは綺麗だが...

「えー、みんな、聞いて欲しい。彼女は転校生の、高倉紗希だ。

簡単に自己紹介してくれ。」

担任よ、スルーか。

「父の仕事の都合で此方に来ました、高倉紗希です。よろしくお願いします。」

何事も無かったかの様に、ごく一般的なあいさつをした。

髪は黒でショート。目は大きく、少し童顔かな?と思う。

童顔のせいか、可愛いと言うより、無邪気という感じがした。



実際、そうだったのだが....

後書き


作者:水銀燈
投稿日:2012/08/02 14:55
更新日:2012/08/02 14:55
『本日、晴天ナリ』の著作権は、すべて作者 水銀燈様に属します。

目次 次の話

作品ID:1114
「本日、晴天ナリ」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS