小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1167
「心・体をかけて」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「心・体をかけて」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(9)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(32)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


心・体をかけて

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第4話 約10分の攻防

前の話 目次 次の話

 バスは完全に乗っ取られた。運転手は脅され、目的地とは逆方向へ向かっている。金城とその部下たちは、乗客や俺達に向かって銃をピクリとも動かさなかった。

「こんな事して、ただで済むと思うなよ! 資格剥奪はまぬがれないぞ!」

「分かっているさ!! 俺はあいつのためにすべてを賭けた!! あいつを泣かしたお前を許さない!!!」

 その後も言い合いは続いた、どうやら『あいつ』の事を指している人がまだ高浦にとって分からない、説得しようとしたが、なかなかやめようとはしない。

「運転手!! さっさとさっき言った場所に行け!!」

 運転手は冷汗を掻きながらあわてて返事をし、スピードを上げた。もうすでに通報した人がいたらしく、遠くからサイレンが聞こえてくる。その音を聞いた金城は、窓のほうを向いて舌打ちすると、再び金城は銃をもう一度高浦に向けた。

「悪いが、お前らには消えてもらう。少なくとも、お前の隣で泣きじゃくっているその女だ!」

 金城が言い終わった後、部下たちの銃もすべて金城と早川に向けられた。

「金城は殺すな……と言われたが、俺はお前を許さない。逃がすわけがない。残り三分、爆死か銃殺どちらか選べ」

 高浦の考えは二つとも当てはまらなかった。早川に作戦を告げると、コクッとうなずいた。

「私を殺して!! 金城さんには手を出さないで!!」

「答えはそれか……つくづくサイテーだな高浦!!」

 金城が指示を出すと、すべての銃が早川に向けられた。

後書き


作者:九紋龍
投稿日:2012/08/23 15:13
更新日:2012/08/29 15:24
『心・体をかけて』の著作権は、すべて作者 九紋龍様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1167
「心・体をかけて」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS