小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1563

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「Going to see」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(11)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(68)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


Going to see

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


クリック☆

前の話 目次 次の話

「光沢塾・・光沢塾・・」

ぶつぶつと呪文のように通っている塾をつぶやく

ただいまネット中。

噂の塾のサイトに行ってみる事にした。

『光沢塾公式サイト』

発見!!

すぐさまクリック!

「受講者番号を入れてください?」

・・。

「パスワードを入れてください?」

・・・・。

?20分後?

「よし!準備OK!」

私自身機会音痴ということ重々承知している。

20分でちゃんとできたことは結構すごいよ!いやまじでw

「ではでは?クリック!」

すこし煌びやか音を放ちながら画面が切り替わる。

ぽんっとネコっぽいキャラクターが登場し、うやうやしくお辞儀。

なんかたくさんしゃべってるけど面倒だからマウスを連打w!

カチカチカチカチカチカチカチ・・・

「そ・・」

「で・・」

「じゃ・・」

キャラクターの声が途切れ途切れ

聞こえる。

「ふぅ?」

とうとうネコが居なくなりホームっぽいとこについた。

「勝った」

キラっと私から光がでる。(←気がする)

まぁそんなことは置いておいて。

私はまじまじと画面を覗いてみた。

子供の部屋のように、勉強机や本棚、ゲームがある。

「なにこの部屋!?テレビあんじゃん!!」

当然の事ながらパソコンの中の部屋に、なにか言ったところで何も変わらない。

勉強机のところをクリックしてみると、5教科の問題を選んでできるようだ。

「毎日ここで勉強すれば数学攻略できんじゃない!?!?!」





なんて、この時の私は軽く考えていたんだ。

ほんと、まさかこのサイトが私の未来を大きく変えるなんて、ね。



後書き


作者:ノア
投稿日:2013/04/15 16:08
更新日:2013/04/15 16:08
『Going to see』の著作権は、すべて作者 ノア様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1563

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み