小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1763
「言葉とその力」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「言葉とその力」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(20)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(94)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


言葉とその力

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


波乱の場に救いの女神? 過去編4

前の話 目次 次の話

 しかし、彼の親類たちは説得の言葉に耳を貸すどころか、全員素知らぬ顔で無視を決め込んできた。中には文句を言ってくるひどい人物もいる有様である。
「冗談ではない、私の家では到底無理だ!」
 どう見ても恰幅かっぷくよさげな中年男性が異議を申し立ててくる。この人物の身なりからして子ども一人位育てる経済力があるだろうと容易に想像がつくのでそれは不可解だ。

「私の家でもそんな余裕はないぞ」
 今、発言してきた宝石を身に付けたスーツを身にまとっている初老の男性も同様である。幻悟を邪魔者扱いしているようにしか感じ取れない。
「どこも私の家に押し付ける気!? やめてよね」
 どこにでもいそうなありふれた中年女性も露骨な叫び声をあげた。親類一同の視線が自分に向けられていると勝手に思い込んだからである。これでは話がまとまるはずもなく、気まずい沈黙ちんもくだけがこの場を包む形になる。

 その沈黙に耐えかねてか「余裕がない」と言っていた初老の男性が声をあげる。
「しかし、どこかの家が引き取らねばっ」
「そういったあんたの家が引き取れよ」
「馬鹿を言うでない! あんな化け物じみた子どもは養えんわ、お主がやればよい!」
 この口げんかは恰幅の良い中年男性と派手なスーツを身にまとっている初老の男性のモノであった。 それに呆れてか、彼の親類一同の中にいた三十代後半くらいの年の男性が初めて意見を口にする。


「おいおい、勘弁だぜ。多分あいつが自分の両親をどうにかしたんだろ!」
 それをきっかけに彼の親類たちが我先にとばかりに言い争いを激化してきたせいで、誠実さがウリの警官はその場の収拾に精一杯になってしまった。その言い争いは止めることができず、延々と続く。そこへ別の警官から別にこんな報告が届いた。

「琴葉家の少年の里親になりたいとの女性が」
 彼の親類たちの身勝手さに困り果てていた誠実な警官はあっさりとそれを受け入れる。
「よしっ、お通ししてくれ」
「かしこまりました」
 そして、この会議室に『能力開発研究所』からやってきたという女性が現れた。その女性は途中から話を聞いていたのか彼の親類たちに非難の声を浴びせる。

「さっきから外にまで響く声でひどいことばかり言って。何ですか? その物言いは!! 早く私にその子を育てる許可がほしくなりましたわ。あなた方! この子を保護できない理由をお金にモノをいわせてどうにでもするのですか?」
 女性はこめかみに手を当てて頭を振った。

「好きにして頂いて良いですわ。でもこの子の養育費くらい出してもらえるはずよね?」
 いきなり現れたこの女性の言葉に彼の親類一同は黙り込むしかなかった。全員が図星をつかれたようだ。

後書き


作者:ニューナイト
投稿日:2016/07/10 01:59
更新日:2016/07/10 01:59
『言葉とその力』の著作権は、すべて作者 ニューナイト様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1763
「言葉とその力」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS