小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1858

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「少女領主と官吏の憂鬱」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(17)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(78)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

ふしじろ もひと 


少女領主と官吏の憂鬱

小説の属性:ライトノベル / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 中級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


余談、とある教育官の不安

前の話 目次 次の話

 謁見の間の隣にある控室にて待っているのは、二十とそこそこに見える細身の女性。一目で学士と分かる落ち着いた紺の衣服をまとい、視力を矯正する器具を身に着けている姿からは、若いながらも聡明さと落ち着き払った印象を与えることだろう。
 しかしそんな見た目とは裏腹に、教育官シャーリーは、さほど広くない控室の中を既に何周したか分からないほど、焦りと不安で穏やかではなかった。

 朝食後、歴史の座学が始まるや否や、「叔父上に話すことがある」と突然立ち上がったのは、主であり、教え子であるチャンドラ・バラクゲシオ・バラシオン13世。シャーリーが止める間もなく従士に命じ、法務監察官上長サーンキヤを謁見の間に呼び寄せた。

 息つく間も無いほど忙しいであろうサーンキヤ上長は、突然の招集によって、遠目に見るシャーリーからも、機嫌は氷点下を割っているようだった。
 齢は三十半ばと噂聞くが、その顔つきは未だ精悍で、決して大柄ではないが、引き締まったその肢体からは若い力が漲っている。男性に対しては不適切のようだが、美しい彫刻を思わせる芸術を感じさせた。
 立ち振る舞いは公明正大。浮ついた話もついぞ聞いたことがない。更に、芯が通った低音により紡がれるその声は、誰に対しても忌憚ない言葉となって飛び出していく。

 シャーリーは、そのサーンキヤに憧れを抱いていたが、同時に恐ろしくもあった。
 本来座学の時間であるにも関わらず、チャンドラを止められず、このような事態になってしまったことに、正直なところ、貧血など起こして倒れてしまいたかった。
 いや実際問題、「世界を滅ぼそうと思ってる」と口火を切ったチャンドラによって、シャーリーはへなへなと力なくその場に座り込むこととなった。


 それが気付くと、どうにもおかしなことになっている。
 シャーリーの予想通り、冷たく不機嫌を露わにしていたサーンキヤ上長であったが、次第にその声には温かみが帯びていった。
 ついには、「領主様と二人で話しをする」とのことで、サーンキヤ上長の副官と共に、謁見の間の外に出されてしまった。

 重厚な扉は、その存在を主張するかのような重苦しい音を響かせ閉まった。
 女性一人では開けるのも難しいほどの扉は、有事の際逃げ出すのに甚だ不適切のようであるが、他国の使者を招いた外交にも使用されるため、敢えて荘厳な印象を醸すように造られている。それにそもそも、謁見の間に踏み込まれるような事態に陥った時点で、国の命運は尽きたような状況であろう。

 そんな大げさに重い扉を、サーンキヤ副官のフライアは、一人で簡単に開け放った。
 シャーリーは、この女傑のことを苦手であった。何か理由があるわけではない。強いて言えば、できすぎていることだ。
 柳眉と整った小顔。女性にしては短く無造作に切り揃えられた髪は、むしろ鋭く切れ長な眦に良く似合っている。胸や肘など要所に身に着けられた甲冑により、法務官に合わない武官タイプかと思いきや、頭も相当に切れるときく。
 シャーリー自身、若くして教育官という役職に就けたことを誇りに思っていたが、歳も近く同性で、容姿も力も、そして唯一の特技である学士としての能力すら脅かす存在が、身近にいるというのは……、どうにも良い気分にはなれなかった。

「チャンドラ様も、サーンキヤ様も、いったいどうしちゃったのでしょうか……」
 そんなシャーリーであったが、今日は特別、不安か、焦りからか、思いがけず自分からフライアに声をかけていた。

「わかりかねます。ただ、チャンドラ様にも、何かお考えがあるように見受けられました」
 フライアの方は、話しかけられたことで歩みを止めるが、特に気にした様子もなく答えた。
「え、……えっと、そ、そうですよね! まさか単なる思い付きでこんな大それたこと、やらかしませんよねッ!」
 そのまさか本当に単なる思い付きであったのだが、それよりも、フライアが思いのほか真面目に相手をしてくれたことに、シャーリーは驚いていた。
 表情を変えず、冷静を顔に張り付けたようなフライアのことを、しばしシャーリーは見詰めていた。これまで、あいさつ程度のやりとりこそあれ、まともに会話をしたのはこれが初めてかもしれない。
 実際、自分が避けていただけで、本当はもっと仲良くなれていたのかもしれない。
 ああ、きれいな顔だなぁ……。羨ましいなぁ。これで強くて頭も良くて、それでいて性格もいいなんて、ほんと、やんなっちゃうなぁ……。

「ではシャーリー。私はサーンキヤ様からの任があるため、これで失礼する」
「あ、う、うん! 頑張ってね!」

 妄想モードに入り込んでいたが、フライアの言葉で現実に戻ってくる。一人残されたシャーリーは、控室においてチャンドラを待つことにした。



 控室の中を周り続け、そろそろ目が回り始めたころ、再び、重苦しい扉が開く音が聞こえた。
 よほどのことがない限り、会議中の謁見の間に、扉の前に立つ衛兵が他の人を入れることは無い。チャンドラとサーンキヤの話しが終わったのだ。

 シャーリーは控室をすぐさま飛び出した。
 鏡のように磨かれた廊下へと、威風たる壮年の男と、その半分にも満たない背丈の少女が歩み出てきた。
「チャンドラ様! サーンキヤ様! お、お話しは終わられたのですか?」
「おおシャーリー、待たせたな。座学も途中で、すまなかったな」
 何故か今日の朝からの、幾ばくか違和感を覚える話し方はそのままであったが、今朝の思い詰めたような表情は少し緩んでいるように見られた。
「教育官」「――は、ハイッ!!」
 そして次の瞬間、低く力のこもった声に思わず、胸の前に左手で右拳を包み込む敬礼をしていた。
「古今東西、祭典にまつわる文献をあたり、チャンドラ様にご教示せよ。最優先で構わん」
「は、はい……っと、祭典、ですか?」
「おお! シャーリーも祭典を知らなかったのか? いいか、祭典とはな、人がたくさん集まって、わーっとやって、綺麗でにぎやかで、お金もたくさん集まるものなのじゃ! 異国語では羽阿手居(ぱあてぃ)とか、婦絵洲(ふぇす)とか言うのじゃぞ!」
「は、はい?」
 シャーリーは怪訝な顔をして、失礼とは思いながらサーンキヤの方を見る。
 サーンキヤは咳ばらいを一つ。
「教育官。他者に新しい物事を教えるというのは非常に難儀なことである」
「え? ええ、まぁ、恐れ入りますが、それがゆえに我々教育官という役職があると認識しております」
「うむ。では、任せたぞ」
 そう言い残し、サーンキヤは、回廊の端へと消えていった。

 ええと、その、つまり、チャンドラ様に祭典についてお教えすればよいのだろうか?

「シャーリー、いいか、力とは、腕っぷしだけじゃないのだ。人の心の、しちゅう……を作るというのも大きな大切な力なのじゃぞ!」

 まぁ、何だかよく分からないが、チャンドラ様が元気になってくれたみたいだから、よいことにしよう。

 シャーリーはあまり深くは考えず、チャンドラと一緒に書庫に向かうことにしたのだった。

後書き


作者:遠藤敬之
投稿日:2016/11/25 00:36
更新日:2016/11/25 00:43
『少女領主と官吏の憂鬱』の著作権は、すべて作者 遠藤敬之様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:1858

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み