小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1931
「オーパーツ」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「オーパーツ」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(29)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(109)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


オーパーツ

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


宝物

前の話 目次


 ギルガメシュの背後に忍び寄る存在がいた。

 それは粘土の人形であった。

 ギルガメシュが人の存在を疑ったとき現れ出でたものである。

「弱き心で世界を眺めるな」

 その人形が話しかけてきた。

「疑いの心で見るな。ほうれ、世界の境界が薄らいでいるだろう」

 人形はギルガメシュに確認するように促した。

「ここは、お前の心の世界。俺はフンババ」

「何を申している」

「そら、またひとつ歪みが出来た」

 ギルガメシュが遠くを見ると、海が激しく波立つように景色が絶えず歪んで見える。

「心弱き者。己の守りたい世界を思い出せ」

 そう言うなり、持っていた巨大な斧を振り回し襲い掛かってきた。

 まるで、この聖域からすぐさま出て行けとばかりだ。

「貴様は何者だ。無礼は許さぬ。余はバビロンの王であるぞ」

 すると、歪んだ景色が修正され、晴れると同時に大波がバビロンに波及する。

「それで良い。ここは神であるお前の世界。疑いは死となる」

「神?余が?」

 ギルガメシュは懸命に泳いで回避するが間に合わない。

 体が波に揉まれてあらぬ方向に流されてゆく。


「そうれ、そちらは死の世界。懸命に泳げ」

「余は、人間。唯の土塊にすぎぬ」

 ギルガメシュは、意気消沈していた。永遠に続くと思っていた海の世界が遠くから暗闇に染まる。

「そうれ、死が近い。お前は愛する者の声を信じられぬのか?」

 そこにエンキドが遣って来た。ギルガメシュの側に着いた。

 エンキドは背びれをギルガメッシュの横につけた。

「これに掴まれというのか」

「今のお前の体は海に溺れ、死の間際にある」

 フンババの発言は、エンキドとの戦いで体は溺れかけ、精神の中にいる事を指していた。

 ギルガメシュがエンキドの背びれにつかまると、体勢を立て直したフンババの攻撃を次々と避けて見せた。土煙が対流する。

「このままでは、視界が悪くなり、こちらが不利になる一方だ」

「首を上げてやる。フンババの後ろに回りこめ!」

 エンキドは逃げると見せかけて一気に後ろにまわりこむ。

 ギルガメシュはエンキドから飛び降りると、フンババの首に飛びついた。

 そして、粘土人形の頭を引っこ抜いた。

 途端にフンババの首に海水が流れ込んでゆく。

 それは渦となり星の水を飲みほしている様であった。

 ギルガメシュはマリとの楽しかった晩餐を思い出していた。

 そしてマリの宣告を思い出した。

 その時、エンキドはギルガメシュを背に、大渦に飲み込まれまいと懸命に泳いでいた。

「余は神なる存在。シュメールの人間達の思いの象徴。余が死ぬはずも無い」

「不完全な世界に於いて完全なるものを表現しようとするから、不完全なる影響を強く受けて「ギルガメシュ」という形で余は現れ出でた」

「そして、神の思い描く世界は決まった形など持たない」

「ここは、この「ギルガメシュ」が思い描く神の世界。帰らねば、そして救わなければ」

 そう念じ、信じた時、エンキドは力尽き、ギルガメシュを巻き込んで吸い込んでいった。


 時を同じくして、ギルガメシュの宝物庫の扉が開き出した。

 ギルガメシュの宝物庫は、山を越え谷を越えた先の深い森の洞窟にあった。

 洞窟の奥の奥。


 宝物庫の扉が開くと、甚大な量の水が中から噴出した。水は連なる洞窟を次々と満たして地上に噴出した。大量の水は大河に流れ出し、河は氾濫し肥沃な三日月状台地になだれ込んだ。

 ギルガメシュはバビロンに流れ込む大河の上流から現れた。

 エンキドは河岸に打ち上げられていた。その巨体の体重で押しつぶされて絶命している。

「エンキドよ」

「そんなにも簡単に逝くのか?フンババなる大地母神はエンキドを殺したのか」

 ギルガメシュが嘆いていると、バビロンの町から火の手が上がり怒号や悲鳴が聞こえてきた。

 アッシリアを後ろ盾にアッカド人によるシュメール人の締め出しが始まったのだ。

 ギルガメシュが町に現れると、バビロンの人々は驚いた。

「王の御帰還だ!」

「なんと、生きていたのか」

 しかし、王が行方不明の間にバビロンでは争いが起きていた。

 アッシリアとシュメール人との戦争である。

「これは何事?」

 ギルガメシュが街の状況を把握できずにいると、シュメール人の宰相ウルクが部下を従えて駆け寄ってきた。

「王よ。ご無事で何よりです」

「状況を説明せよ」

「アッシリアが侵攻してきました。アッカドのサルゴンがシュメールとの条約を反故にして、アッシリアと結託し呼び寄せたのです」

「そのような事、余は許さぬぞ。サルゴンを連れてまいれ」

「サルゴンは既にアッシリアに匿われております」

「余はこのような暴挙断じて許さんぞ。シュメール兵を組織せよ」

「アッシリアの軍勢の数は我が軍を遥かに凌駕しております」

 その時、アリババを連れたマリが現れた。

「ギルガメシュ、よくぞご無事で」

 ギルガメシュは嘆息した。

「私はこちらのアリババのおかげで命拾いいたしました」

「ぬ、貴様は」

 アリババは、マリのかなり後ろで伏していた。

「アリババとやら、よくマリを救ってくれたな。良き働きだ。褒美を取らす」

(俺は褒美の為にマリを救ったんじゃない)

 アリババは心の中で憤った。

「さあ、ウルク。出来る限り兵を集めろ。兵に成りそうな者には財を与えるぞ。アッシリアを駆逐する」

 明らかに状況を把握できていないギルガメシュに皆は閉口した。

「さあ、どうした?」

 アリババはギルガメシュの鈍感さ、現実感の無さや、普段から後手後手に回る施策にすっかり頭にきていた。


「あんたは、阿呆か!」

 アリババがギルガメシュを罵ると皆は唖然とした。

「勝てやしないんだ。兵は既にアッシリアの軍勢に制圧されている。もうお仕舞いなんだよ。シュメール人は滅びるよりほかは無いんだ。何故もっと早くに我らを導かない。アッシリアに攻め込まれる前に。サルゴンが企てをする前に。あんたは、いつだって人間なんか見てはいない。人間はあんたのように強くは無いんだ。人は簡単にいなくなるんだよ」

 ギルガメシュは死について考えていた。

 エンキドの死の事を考えた。

「人間は簡単にいなくなる」

「あんただってこれだけの敵を回したら死んでしまうんだ」

「余が死ぬ」

 ギルガメシュはこの日、あまりに多くの人の死に直面した。

「小僧、戯言を言うなよ。余は死なん」

「!」

「それに、これ以上犠牲者も出さぬ」

 ギルガメシュは何かを決心すると、広場にシュメール人を集めるように命を出した。

 バビロンはすっかりアッシリアに包囲されシュメール人の逃げ場は既になくなっていた。

 ギルガメシュを中央に生き残っているシュメール人が集められた。

 集団自決を予感する大人達、泣き喚く子供達、最後まで交戦を覚悟する戦士と、シュメール人達はこれほど生きる事を考えさせられた日は久しく無かった。


 全ての民は全ての小船に乗せられている。

「余の民は、宝。余が守ってみせる!」

「開け!海に満たされた星よ。ゲート・オブ・バビロン!」

 ギルガメシュの号令と共に宝物庫の扉が民の前に現れた。

 現れ出でた扉がゆっくりと開く。大量の水が扉から流れ出し、間もなく大洪水が大地母神の地上を襲った。バビロンは広場から浸水してゆく。バビロン周囲の国に大洪水が波及してゆく。

 扉の向こう側には海が見える。そして空には無数の星が輝いている。青と赤の二つの連星がシュメール人を出迎えた。

「さあ、皆のもの海を渡るのだ。アリババ、偉大なる航海士の息子よ。今一度シュメール人を導いてみせよ」

 アリババは最後の一艘が扉を越えて、全てのシュメール人が渡り終えるのを見届けると、扉は閉じ始めた。

「これが、王の宝物庫」

 アリババはギルガメシュに申し出た。

「ギルガメシュ王、俺はこちらの世界に残ります」

「何故だ?」

「シュメール人がこちらの地上に確かに存在した事を記すためです。後の平和な世界に伝えるためです。それにもうひとつ」

「もうひとつ理由があるのか?」

「いえ、こちらのことです」

「それで、良いのか?」

「はい。最後にひとつだけ」

「何だ?」

「ありがとうございました。シュメール人を代表して感謝申し上げます。それと、マリを宜しく頼みます。それにマリ<真理>、愚鈍な王を宜しく」


------------


 ギルガメシュの宝物庫には別の世界があった。「海で満たされた星」であった。

 それこそが彼の宝であった。海底には大陸が広がり、人は自由に何処までも泳いでいける。

 その後シュメール人は、後のバビロニアにも無いほどの高度な文明を築いていながら、歴史から突然として消える。そして、都市バビロンは様々な人種によって支配される事になった。

 マイロフ暦1950年

 ブランデンブルグ法王国、鵬球の間にて。

 歴史学者アリババは、講堂の壇上にて最後にこう結んだ。

「オーパーツ。それは文明にそぐわないもの。だが、人の純粋な思いはそんなものに縛られたりはしない。やがて、現実として現れる。人としてものとして」

 視聴者は固唾を呑んで聞き入っていた。

 そして、休憩時間に入り各々が真剣に話し合っている頃、アリババの姿は消えていた。

 何処にもいなかった。講堂から外に出た様子は無かったが消失していた。

 ようやくギルガメシュ王を追いかけていったのだろうか?

 誰もいない講堂の黒板に言葉が残されていた。


「開け!ゴマ」

後書き


作者:秋麦
投稿日:2017/02/08 23:15
更新日:2017/02/09 00:25
『オーパーツ』の著作権は、すべて作者 秋麦様に属します。

前の話 目次

作品ID:1931
「オーパーツ」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS