小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1955

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「霊感体質と雪音中学校」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(35)・読中(5)・読止(0)・一般PV数(128)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

遠藤 敬之 ■カレン 


霊感体質と雪音中学校

小説の属性:ライトノベル / 現代ファンタジー / お気軽感想希望 / 初投稿・初心者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介

本編の始める前。前置きに近い形で書かせていただいております。
周りの状況が、まだ何一つかかれていません。
三人称視点、一人称視点と、どちらがいいか決めかねております。
(優柔不断なもので…)

ともかく、こちらに目を通していただきありがとうございます。

※駄文きわまりないですが、頑張っていきます。




神社の四姉妹(朝編)

目次 次の話

みか…みか…みか……早く起きて!

「すみませんでした!!」

朝四時から実の姉にたたき起こされた私。
え?十分早起きだろ?って…。そんなこと言ってくれるのは、貴方だけです。だって、私達「姉妹」の朝は、4時でも寝坊になるのです。

え…。牧場?いえいえ、そうじゃありません。
まぁ。「神社」ですよ。「神社」!!
私の家が神社なんです。しかも、相当歴史のある…

「ねぇ?朝からそんなにぼーっとしないでくれる?」
「え? 朝だからこそこの時間が気持ちいいんじゃん!」

これは、私の妹。いや~。妹ながらも綺麗だなぁ~。
見とれる程 美人さんなんだもん。これは、学園のマドンナって呼ばれるよ。


とにもかくにも、早く起きない事には始まらないので起き上がる。
「ごめんね。寝坊しちゃって!」
さっさっと、巫女服に着替えて雑巾片手に部屋から飛び出そう!
とした瞬間だった。

「おっと! どうなさいました? 水花さん。」
「あ、凛ごめん! 寝坊したから急いでて!」

廊下でぶつかりそうになったのが、もう一人の私の妹。
なんか、「ドッペルゲンガ―」にあった様な気がしてきた。

長女の「未来」(みらい) 三女が「凛」(りん) 四女「聖花」(せいか) そして、二女の水花(みか)これが、私だ。

雰囲気も性格も全然違うけど、容姿はよく似ているそうだ。

「巫女」の朝は大忙し!って、朝から寝坊した奴が言うことじゃないか…。

私達の神社の巫女仕事…。

簡単にいえば、神社の御掃除、神前に、神饌(飲食物)を献じる事。
神様にお送りする舞の練習かな?
え?何のことか分からない? 大丈夫!私も分からないから!

でも、神様のお役に立てる仕事っていうのは分かるよ!
朝から、ドタバタしながら、各自の仕事を終わらせた。

ふえ~。やっと、朝ごはんだ。 落ち着いた所で、自己紹介。
さっきも言った通り私達は四姉妹。言ってないって? 気にしないで!

私の性格は、よく「天然」「馬鹿」ていわれるよ!
未来姉ちゃんは、「普通」かな?
凛は、「紳士的」「謙虚」で、姫が「毒舌」 「実は優しい」っていわれてる。

なんか、「馬鹿」はないよね! 馬鹿は! 馬と鹿がかわいそうだよ!

まぁ。こんな感じで私達四姉妹の朝は過ぎていく。



後書き

こちらに、目を通していただいてありがとうございました。

宜しければ、今後とも呼んで頂けると嬉しいです!(図々しい)

それでは、また次の小説でお会い出来る事を楽しみにしております!(結構真剣に)


作者:カレン
投稿日:2017/07/17 15:53
更新日:2017/07/17 15:53
『霊感体質と雪音中学校』の著作権は、すべて作者 カレン様に属します。

目次 次の話

作品ID:1955

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み