小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:1971
「ドライフラワー」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ドライフラワー」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(16)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(61)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ドライフラワー

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介

未設定


第3話 傷だらけの兵士

前の話 目次

夢を見た。一人の青年が亡骸を抱えて泣き叫ぶ夢を。自分はその青年を知らない。ただ、初めて見たその光景に奇妙な感覚はあった。大勢の亡骸の上に一つの亡骸だけを抱えている青年。彼の返り血を洗い流すかのように雨は勢いを増していった。




 体調も戻ってきたので、姫はベットから降り、家の中を見渡した。先程の猟師を名乗るジグという男は、どうやら出掛けたみたいだ。それにしても広い。城の自室に比べれば劣りはするものの、一家族が生活できるほどの広さがある。何故このような大きなログハウスが、このような不気味な森にあるのか不思議である。生活に必要な品も一通り揃っている。そんなことを眺めていると玄関の扉が開いた。入ってきたのは先程のジグだ。

「もう動いても大丈夫なのですか?いやー、心配しましたよ。それにここの小屋に運ぶのも大変でしたからね。」

 だいぶ失礼なことを言われた気がしたが、そこは触れないでいた。

「あっ、そのままの格好では動き難いですよね?俺、服持ってきたのでよかったら着てください。サイズは多分合いますから。」

 そう言って、ジグは左脇に抱えていた衣類を自分に渡した。それは、ジグが着ている質素な服と素材が同じだ。形状が少し異なるが、ほぼ同じにしか見えない。
 姫はその服を受けとると、お礼を言った。

 「いいんですよ。困ったときはお互い様ですからね。あっ、着替えるなら俺、外出てますね。」

 またしても子供の様な笑みを浮かべて外に出ていった。彼は本当は子供なのではないかと少し疑ってしまった。けれども、大人の雰囲気もある為、そうとは決め難いものがあった。





 初めて城の外で夜を明かした。いつもなら無駄に広い自室に一人で寝ているが、昨日は違った。二人だった。嬉しかった。城に籠ったままでは、愛される事なんて一生無かったろう。けれども、今の自分にはそのようにしてくれる人がいる。噂に聞く声ではない。直に聞ける声が。
 姫にはそれが堪らなく嬉しかった。

 食事や衣服は全てジグが用意してくれた。猟師と言うだけあって、食材の調達はお手の物だ。これならば、生活には困らないだろう。そんな風に考えていたら数日が経っていた。

「アーネさんは、あんな綺麗なドレスを着ていましたけど、何処かのお姫様だったのですか?」

 ある日の昼下がり、家の外で薪割りをしていたジグに聞かれた。この男、本当に何も知らないのだろうか。

「そういう事にはなっていましたよ。」

「そうだったんですか!ですよね!ドレスを着ている人なんか、お姫様位ですものね!」

 とても嬉しそうだ。

「あっ、だったらアーネさんの事は、今日から姫って呼びますね。」

 無邪気な顔でそれを言うのだ。自分には嬉しさを通り越して、快感でしかなかった。

「そろそろ、お昼にしましょうか。多分雨は降ってないと思うので何か獲ってきますよ。」

 空を見ても天気なんて分からない。時間さえも分からない。空腹を頼りに時間を判断するしか術は無いのだ。
 ジグはそれまで持っていた斧を家にしまい。何も持たずに森の奥に姿を消した。

「それでは行ってきますね。」

 その言葉はしっかりと伝えて行った。


 一人になった姫は家の中に戻り、ジグの帰りを待つ間お茶しようと考えた。ジグは何かと家を空ける事が多い。その度に姫は一人で留守番をしている。その為か、少し前にジグがハーブを採ってきてくれた。

「ハーブティーにすると美味しいハーブなんですよ。」

 話すごとに笑う彼に様々な感情が過っていた。棚からティーセットを出して一人でお茶を始めた。
 二口目を飲もうとしたときであった。玄関が荒々しく開かれた。そこから入ってきた人物を見るや否や、姫は手にしていたティーカップを落としてしまった。

「クランツ!!」

 入ってきたのは、ずたぼろの鎧を身に纏った一人の兵士であった。右の肩には、姫の国の紋章が微かに見えた。

後書き

未設定


作者:さち
投稿日:2017/12/18 23:41
更新日:2017/12/18 23:41
『ドライフラワー』の著作権は、すべて作者 さち様に属します。

前の話 目次

作品ID:1971
「ドライフラワー」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS