小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:380

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「龍は虎を見下せない」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(3)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(10)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


龍は虎を見下せない

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


錦学園文化祭 後編

前の話 目次 次の話

「ふふふ・・・・・・」

龍神 真は微笑した。

「ふはは・・・・・・」

真はまた笑った。

「はぁーはっはっはっはっ!」

真は本格的に笑い出した、そして・・・・・・

「はぁーはっはっはっ!チクショー!」

泣き叫びだした。

「諦めろ、真よ」

万石 玄武は「鬼」の格好で、真をなだめた。

「うっうっ・・・・・・だってだって!」

「五月蝿いぞ真、お前は駄々っ子か?」

国枝 雀は「ある」格好で、真に言った。

「なんで・・・・・・」

真だけ、衣装を着ていない。

「なんで『桃太郎』なんだぁぁぁぁぁ!」

錦学園生徒会メンバーは「桃太郎」を演技することにした。

「ああしたさ!だが!コレはないだろう!?桃 太郎!?高校生になって桃野朗はねぇだろが よぉ!」

「五月蝿い黙れ」

次は鬼の格好の遠藤 星が真を注意した。

「とりあえずさっさと着替えろよ」

西崎 良は真に言った。

「・・・・・・」

真は衣装部屋に、死刑される犯罪者のように頭をうなだれ、はいっていった。__



__衣装に着替えた。

「それじゃあ次は私たちだね!」

白虎 翔子は「おばあさん」の格好で言った。



・・・・・・その元気、どこからでる?

真は諦めて、順番が回ったと同時に舞台にあがった。__



__演技が終わった。

「うっうっ・・・・・・」

「真、お前泣くと可愛いな」

泣く真に雀は言った。



今日は最悪だ・・・・・・__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/07 17:36
更新日:2010/10/07 17:36
『龍は虎を見下せない』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:380

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み