小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:390
「龍は虎を見下せない」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「龍は虎を見下せない」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(2)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(15)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


龍は虎を見下せない

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


誘拐

前の話 目次 次の話

「ふう・・・・・・」

龍神 真はトイレからでてきた。

「お疲れちゃん、てか?」

笑いながら国枝 雀もトイレからでてきた。

「ああ?俺と真は男子トイレ、テメェは大好き な女子トイレを修理したからだろう?」

万石 玄武は雀を睨んだ。

「おおぅ・・・・・・めっちゃ怖っ」

雀は体をブルッとふるわせ、3人は歩き出した。



__3月の春空。

白虎 翔子は1週間後に卒業式をむかえ、今日は生徒会室で、遠藤 星、西崎 良の2人と一緒にいる。

「そういや、今日は一○館で遊○王のカードが レアカード300円だとよ」

「マジか玄武!そうとなりゃさっさと伝えに行 くぜ!」

真はそういって2人を抜かし、廊下を走った。__



__生徒会室前

「ヘイ!俺たちゃ最強ブラザーズ!」

「ア!イェーイイェーイイェーイイェーイ!」

「なんの歌だソレ!?」

壊れている2人に雀はつっこんだ。

「まあいい、雀には○戯王が男のロマンだって ことが分からんらしいな」

「真、お前もうくたばれ」

「ヒデェな・・・・・・」

玄武は雀を横目で見て、ドアを開けた。



ガチャッ

『!?』

その目に映る、光景はひどかった。

棚は倒れ、テレビ画面は割れ、そして__



__星と良が血まみれで倒れていた。

「!?星さん!?」

雀は星を起こした。

「オイ、コレはなんだ?」

玄武は机の上の紙をとった。

「なになに・・・・・・」

雀はその紙を読み上げた。

「『貴様らの会長、白虎 翔子は我らが    〈天魔〉が預かった、返してほしければ   第4倉庫に来い』って!マジかよ!」

雀は驚き、真は目を見開いた。

「・・・・・・」

玄武は無言で立ち上がり、言った。

「真、白虎を助けに行くんだろ?」

「はっ、分かってんじゃねぇか、玄武」

「あ?なにが?」

雀は2人の話は何を言ってるのかが分からなかった。

「雀、お前も行くぞ」

「へ?なんで?」

「決まってんだろ」

玄武は雀に言い、真が言い放った。

「姫を魔王から返しに行くんだよ!」__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/08 19:39
更新日:2010/10/08 19:39
『龍は虎を見下せない』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:390
「龍は虎を見下せない」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS