小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:395

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「龍は虎を見下せない」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(2)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(8)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


龍は虎を見下せない

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


龍、最後の戦い 中編

前の話 目次 次の話

「お前、空か?」

龍神 真は龍神 空に聞いた。

「へっ?アニキ?」

空は真を見て言った。

「何故お前が・・・・・・」

「アニキ、スマン!」



ガッ!

「ぐっ!?」

真が驚愕していると空は殴った。

「真!」

万石 玄武は真に向かって走り、体を支えた。

「うん?お前は玄武か?」

羅生門 学は玄武を見ていった。

「一匹狼のお前が真と一緒とは珍しいな、そし て・・・・・・」

学は国枝 雀のほうに顔をむけた。

「〈朱雀〉の元リーダーの雀か?」

「ああ、そのとおりだ」

玄武は学に聞いた。

「お前らの目的はなんだ?何故白虎をさらっ  た?」

「おお怖い怖い」

空は後退りしながら身をふるわせた。

「まあいい、目的を言ってやろう」

学は空を引き寄せ、言い放った。



「龍神 真を殺すことだ」

『なにっ!?』

真以外の者は驚愕の顔になった。

「我ら〈天魔〉は不良集団だ」

学は真を指差し、言った。

「真は『最強』『伝説』などの異名を持つ元不 良だ、ソイツを殺せば我ら〈天魔〉は最強の 不良軍団となるであろう」

学は微笑を浮かべ、言った。

「そしてあの姫さんをさらった理由だっけ?」

空は学から離れ、言った。

「あの姫さんをさらえば来ると思っただけだ」

空は白虎 翔子の前に立つと、ナイフで縄を切った。

「悪いな姫さん、荒っぽく扱ってさ」

空は白虎に謝り、学はどこからか定規を取り出した。

「空よ、さっさと真を殺すぞ」

「おっと、じゃあな姫さん」

空はそういって白虎から離れ、釘をだした。

「それじゃ、さっさと闘りますか」

真は磁石を、玄武はワイヤー付きナイフを、雀は棍を取り出し、かまえた。



後にこの喧嘩は不良界で「双龍決戦」と呼ばれる__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/10 19:48
更新日:2010/10/10 19:49
『龍は虎を見下せない』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:395

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み