小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:398

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(13)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(47)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


第1章 1話

前の話 目次 次の話

     ???王宮???

「王様、どうかご決断を」

「うむ、では聴衆に知らせるとしよう」

『リノ・クライラ・グランドパレスを国外追放とし、以降この国に入ることを禁ず』



     ???ガルイの街???

「おい聞いたか?」

「ああ、なんでもグランドパレスの王女様が国外追放だってよ」

「マジかよ、王の娘だろ?」

朝起きるとそんなことが耳に入ったわ。

「それどういうこと!?ちょっと詳しく聞かせてくれない?」

「し、知るかよ。グランドパレス王国でそんなお触れがでたんだよ」

「そ、そうなの・・・ありがとう、教えてくれて」

そう言うと私は一度街を出て、近くにある川岸まで歩いていったの。



     ???川岸???

「父上がそんなお触れをだすなんて・・・」

自分ではよく分かっていた。父上が私を心配してくれていることを。

でも私はそれに反発して王宮を出た。当然のことよね・・・

「くよくよしたってしょうがない!もう私は王宮はでたんだから!」

そう言って立ち上がり、私はガルイの街に戻ったの。



     ???ガルイ???

その後、私は宿へ戻ったわ。

「さて、と。次はどの街を目指そうかしら・・・」

そう思いふけっていると外から急に大きな声がしたの。

「おい、5連勝だってさ!」

「スゲェな、この街にはけっこう強豪なヤツらがいるってのに」

そんなことを聞いたから、気になっていってみたの。そこでは

『真の強豪は誰だ?強者決定戦!!』が開催されていたわ。

『ルールはカンタン、相手と戦い勝利するのみ!一度負けたものは勝負する権利を失う!』

このルールを見て私は、一番強い者を仲間にしたい、と思ったの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/11 13:34
更新日:2010/10/11 13:34
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:398

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み