小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:403
「想像天使」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「想像天使」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(58)・読中(1)・読止(1)・一般PV数(492)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


想像天使

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


第8話 想像天使の能力

前の話 目次 次の話

木下 勇人は白い空間からでた。

その光景はあいかわらずの通学路だった。

「・・・・・・」

勇人は無言で歩いた。



__海夏季中学に着いた。

(う?ん、いい天気ね)

「ええ、そうですね」

自分の頭の中に存在中の絵美は(多分)背伸びして、天気を見た。

勇人も天気を見ていると、

「オラァ!こっちこいよ!」

「ヒイッ!?助け・・・・・・」

勇人と同じいじめられっこが不良に蹴られていた。

(あ!勇人!あの人を助けようよ!)

「・・・・・・」

勇人は足を一歩踏み出した。



__校門の外に向かって。

(って!?ちょっと待てぇい!?)

頭の中で絵美がツッコミをいれた。

「だって殴られたくないし・・・・・・」

(男でしょ!?助けてやんなさいよ!)



頭の中、めっちゃ五月蝿いな・・・・・・



勇人はそう思いながら外に出ようとすると、

(させるかぁ!)

「うわっ!?」

体が勝手に不良の目の前に猛スピードで走った。

「うおうっ!?」

不良は驚いていると、



ファサ・・・・・・



勇人の背中に羽がはえた。

「え!?アレ!?」

(せーの!)

絵美が叫ぶと、体が不良を殴った。

「ぶっ!?」

不良は校門の壁までふっとんだ。

「ええっ!?」

勇人が驚いていると、背中の羽が消えた。

(ふふっ、驚いた?)

「絵美さん!?コレは?!」

(コレは『想像天使』が力を与えただけよ)

「へっ?」

(『想像天使』は宿り主に力を与えることができるの)

「・・・・・・」



便利だな、この力



(その黒い笑みはなに?)

「あ、なんでもありません」

「あの・・・・・・」

その時、後ろから声がした。

「うん?」

「助けてくれて、ありがとうございます!」

さきほど不良の横暴をうけた少年は勇人にお礼を言い、校内へ向かった。

「・・・・・・お礼、か」

勇人が少しほほえむと、



キーンコーンカーンコーン



チャイムが鳴った。

「やばいっ!?」

今日も遅刻ギリギリの勇人だった。__

後書き


作者:四神 麒麟
投稿日:2010/10/12 19:31
更新日:2010/10/12 19:31
『想像天使』の著作権は、すべて作者 四神 麒麟様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:403
「想像天使」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS