小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:415
「美少女は危険を連れて来る」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「美少女は危険を連れて来る」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(6)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(29)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


美少女は危険を連れて来る

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


勝ち目ゼロの戦い

前の話 目次 次の話

「勝てる気がしない・・・」

 いきなり弱気発言・・・



 少しばかり時をさかのぼります。



 気分も落ち着いてきたので、再び夢の世界へ(悪夢はもう勘弁して欲しい)行こうと思った時、黒夜が現れるなり一言

「敵が来る、準備しろ」

 っと最低限の情報を伝えてきた・・・

 勘弁してくんねぇかな・・・そんないきなり言われても・・・

 準備って何すれば良いんだよ?!

 そんな事を考えていると・・・

 景色が歪んだ。

 今度は何だよ・・・

 





 気が付くと見ず知らずの場所にいた。黒夜が居るのが唯一の救いだと思う。

「黒夜、ここ何所?」

「間の世界だろう。連れ込まれたな、座ってないで立ったほうが良いぞ」

 言われてみれば、しりもちをつくような形で座りこんでいた。

「連れ込まれたって事は、やっこさんの襲撃か?」

 立ち上がりながら黒夜に尋ねる。

「そうだろうな、身構えたほうが良いぞ」

 周りを警戒するが、敵の姿はおろか気配すら感じない。

「・・・」

「・・・」

 静寂だけがこの場を支配していた。

「ふむ、待たせたかな?」

 声がした方を見る。男が一人居た。

 格好は西洋の鎧のようなものを着た、2?30歳ぐらいの男だった。肩に自分の身長より少しほど長の細身の刀を担いでいた。

「別に待ってはいない。むしろ来ないで欲しかった」

「そうかそれは残念だな」

 男は、俺らと一定の距離をとって止まった。

「今日は君達に消えてもらおうと思ってな」

 そう言うと男の後ろから人がぞろぞろと現れた。

「ひぃふぅみぃ・・・全部で十人か、黒夜どうにかできると思うか?」

「数から推測するに相手は本気で私達を潰しにかかって来てるな」

 相手の部下の武器に目をやると、遠距離が7、近距離が3と言ったところか、普通は近距離が大目に配置するだろうが、まぁ、相手から見れば敵は一人だからな、妥当な配分だろう。

「しょっぱなから本気って、俺らをなめてかかって、戦力をケチってくれれば良いのに」

「ふむ、一理あるが・・・敵に代わりはないのでね。悪いがそんな事をする気は無い」

 そんな・・・

「四季、落ち込む余裕は無いぞ」

 そう言って黒夜は武器化を始めた。

「だりぃ・・・めんどくせぇ・・・マジこまるぅ・・・しにたくねぇ・・・」

 そんな事をぼやいているうちに黒夜が武器化を終わらせた。

「そんな事言ってるヒマか? 敵は待ってくれないぞ」

「だよなぁ」

 双剣を構えて敵の襲来に備える。

「慌てるな少年、死に急ぐ事は無いだろう。言い残したい事はあるか?」

 ・ ・ ・

「ふむ、私は嫌われているようだ」

 何所の世にいきなり襲撃してくる敵を好く奴が居るんだよ。

 後ろの部下がおもいおもいの武器を構え始めた。

 来るか

「まぁ、待て」

 それを向こうの隊長さん(今推測した)が止める。

「私はそこの黒夜となずけられた武器を処分したいだけなんだ。大人しく渡してくれれば君には危害を加えない。加えたくない」

「嫌だと言ったら?」

「・・・」

 向こうの隊長さんは少しばかり考える素振りをする。

「君にはそいつをかばう意味は無いと思うのだが?」

 そう言われると痛いな・・・う?ん

「四季? どうした? 四季?!」

 ハッ!

「言い包まれそうになんかなってないからな!」

「? まぁ良い」

 危なかった。やるなこいつ!

「そうか・・・じゃあやるか?」

 そう言って部下達にサインを送る。

「さっさとかかって来い」

 こちらも構える。

「いけ」

 隊長さんの指示で部下が襲い掛かって来る。

 まず後衛が牽制射撃を開始した。いろいろな物が飛んで来る、矢、弾丸、バズーカの弾、エトセ、とりあえず遠距離武器の攻撃と言う攻撃が・・・

「くるぞ!」

「言われなくても分かるって!」

 さてどうする。

 黒夜をショットガンに変え、迷わず発砲、爆発物等を撃墜する。

 ついでに矢等も数本打ち落とす。

 まだ、弾丸と矢が数本飛んでくる。黒夜を双剣戻して片っ端から打ち落とし、跳ね返し、避ける。

 それにしても俺のやってる事も凄いな。弾丸を剣で打ち落とすって・・・

「次、来る!」

 敵を見るとバズーカ・・・よく見るとグレネードランチャーでした・・・ハイ、ホント常識外れ過ぎる。

 ボン!

 発射された、どうするかな。弾道計算・・・俺の足元を狙っている。横に大きく避けなければ回避は不可能、俺は相手の射撃を捌くので精一杯だ、とても動けない。

 そんな事を考えている内にも弾はこちらに飛んでくる。

「どうする?!」

「私に言ってもどうにもならんぞ!」

「っつ、いてぇ!」

 クソ! 会話する間も無い。

 そうしている間にもこっちに来る!

 あぁあああああああああああああああああああああああああああ!!!

後書き


作者:総 誉
投稿日:2010/10/15 22:47
更新日:2010/10/18 17:42
『美少女は危険を連れて来る』の著作権は、すべて作者 総 誉様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:415
「美少女は危険を連れて来る」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS