小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:450

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(28)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(299)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


第1章 7話

前の話 目次 次の話

「さっさと終わらせるぞ。」

「分かってる。来るわ!」

そう私が言うのと同時に、私たちは左右へ飛んだの。

すると元いた場所に一人が飛び掛ってきたの。

「チイッ」

そんなことを言ってる間にヴァニスと視線を交わし、私は正面を、彼は飛び掛ってきた一人を目標に剣を構えたの。

(おおよその数は10人くらい。回避を重点において攻撃すればなんとかなる・・・!)

私は周りから来る太刀筋を次々に避けつつ、少しずつだけどダメージを与えていったわ。

一方の彼は



「ぐあああああああ」



すでに一人倒していたわ。

(私も負けてられないわね!)

相手の懐に踏み込んで剣先が当たらない位置を取りつつ、その瞬間剣で一閃。

(やっと一人。周囲には6人、中に5人ってところかしら)

中の2人を倒して残りは6人と3人。さらに追撃をしようとしてところで



『ヒュッ』



何かが顔を掠めていったわ。

(な、に・・・あれは・・・)

「チッ、飛び道具なんてセコい手使いやがって!」

さらに飛んでくる短剣を、私は避けるので精一杯だったの。

(くっ、これじゃ攻撃できない・・・)

「こっちが優勢だな。こっからが本番だぜ!」

周りの6人が一斉に向かってきたの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/20 19:53
更新日:2010/10/20 19:53
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:450

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み