小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:467
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(25)・読中(2)・読止(0)・一般PV数(491)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


第2章 1話

前の話 目次 次の話

ここは港町ウォーラ。

物流が主な産業で、人も賑わっているわ。

「ねえヴァニス。」

「なんだ、突然?」

「いい加減『お前』って呼ぶのやめてくれないかしら?」

私たちは日常的な会話をしていたわ。

周りの話し声で私の声は周りには聞こえてないみたいだけど。

「まだ他人だからな。っつっても俺が勝手に同行したいって言った訳だし。」

「私にはリノっていう名前があるの!『お前』じゃなくてね!」

こんな大きめの声も、この街では話し声に分類されるらしいわね。

「じゃ、人前でその名前で呼んでいいのか?」

「そりゃ、私は王宮を飛び出してきたわけだけど・・・」

「だろ?だから暫くは『お前』でいいじゃねえか。」

なんか言いくるめられて悔しかったりしたんだけど、「あること」に気づいたの。

「そういえば、なんで私の旅についてきてるわけ?私としては助かってるけど。」

「ん?そのうち話す。それより何か買いそびれとかないか?」

また軽く言いくるめられた気分になったわ。

(なんでこんなのと旅してるのかしらね・・・)

「おい、聞いてるのか?」

「ええ、勿論よ。今は特にないと思うんだけど。」

「・・・・それ以前に、お前目立ちすぎだろ。」

「え?」

言われてみて気づいたのだけど、私の髪は金色で長いから、行く人が横目で見ていたわ。

「でもどうしよもないじゃない。」

「・・・・・・髪を切るってことを知らんのか、お前は。」

「本当は切りたくないんだけど・・・・」

「そんなこと言ってると死ぬぞ?」

「分かったわよ。宿に戻ったら自分でやるから。」

「そうか。」

(盗賊に襲われたのがまるで夢ね。こんな日常を過ごせるなんて。)

私はこんな風な生活がしたかっったから王宮を抜け出したのかもしれないと、密かに思っていたわ。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/24 00:48
更新日:2010/10/24 00:48
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:467
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS