小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:606

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「文通」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(61)・読中(3)・読止(0)・一般PV数(330)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)

ふしじろ もひと ■ある住民 ■白銀 


文通

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


出会い

目次

 必要以上に大きい音の目覚まし時計で起きる俺の朝は、実に清々しいものであった。起きると同時につけるテレビではくだらないニュースばかり。

「あ、俺だ。……なになに?か、歌手デビュー!?しねぇよ!!テレビなんて嘘だらけじゃねぇか……」



 俺は現役東大生モデル、吉井隼人。

 でも、好きでモデルをやってる訳じゃない。生活費稼ぎだ。それに、認知症の父がいるにもかかわらず、ろくに介護もせずにいるからだ。実家は遠いので、行き来なんて到底できない。だからせめて、月の給料を送るくらいはしたい。



 今日は仕事も大学も休み。こんな日は、出掛けたいのが、外に出ると騒がれてしまう。今日は家でのんびりしよう。



――ピーンポーン

……宅配便かぁ ?

 ガチャッ

「宅配便です、サインお願いします」

「はい?……よしっこれでいいスか?」

「はいっありがとうございました」



 あ、事務所からだ。ファンレターだろう。一応読むが、よっぽどでなければ、返事は出さない。面倒くさいし。でも読まなければ、握手会などで、かなり気まずくなったりする。



「……え?なになに?」





――一時間後



 一通り読み終えた。さて、寝ようかな……。あれ、奥にもう一通ある。

 

 それは桜色の封筒の、可愛い手紙だった。





『吉井隼人様へ

 初めまして。テレビや雑誌などで、活躍ぶりを見てます。この前、撮影現場を見学させてもらいました。大人数でしたから、きっと誰だかわかりませんよね……。



 突然ですが,私の兄が東大を目指してるんです!いい勉強法を教えてください。応援しています。

              美奈子より』



「この前の撮影見学に来た子ってことは……。小学生!?嬉しいなぁ?これは特別に返事を書こう!」





『美奈子ちゃんへ

 初めまして。お手紙ありがとう。とても嬉しかったよ。小学生からなんて君が第一号だ。



 お兄さん、東大を目指しているなんて格好いいじゃないか。いいお兄さんだなぁ。

 暗記必須のところが結構あると思う。暗記はカンペキにしないと難しい。

                 吉井隼人より』

 

しかし、この出会いが僕の幸せを壊していくものだった。

後書き


作者:゜+.(*`∀´美瑠´∀`*).+゜
投稿日:2011/02/11 21:53
更新日:2011/02/13 18:44
『文通』の著作権は、すべて作者 ゜+.(*`∀´美瑠´∀`*).+゜様に属します。

目次

作品ID:606

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み