小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:655

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「空飛ぶ電子辞書」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(14)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(57)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


空飛ぶ電子辞書

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 連載中

前書き・紹介


受験ww

前の話 目次 次の話

 女流と宝は燃えていた・・・

 勉強に・・・。

 理斗流「おやおや? 皆さん勉強かい? まぁ俺に負けるって分かってても、ビリは取りたくないもんな?」

 女流&宝「うるせーー! コッチは勉強してんだよ-!」

 見事にハモった・・・。

 それはともかく、3人の点数を競うと言うより、女流と宝の対決になってるようだ。

 それほど相手にされていない理斗流であった。

 宝「女流! 君には負けないかんな!」

 女流「ま、勉強の量を考えたら、ウチの勝ちだと思うけど?」

 理斗流「女流? 今、勝ちって言ったか? 勝ちっつぅのは、1位の事だぜ? つまり俺なんだよ!」

 女流は完全無視のようだ。

 試験は今度の日曜日に行われる。

 宝「5教科満点でいかせてもらうよっ!」

 女流「アンタに500点は無理だと思うけどね?」

 理斗流「俺を忘れてもらっ・・・」

 宝&女流「試験近いし、早めに寝るかぁ・・・」

 理斗流「シカトすんなよ・・・」

 試験まで残り2日であった。

後書き


作者:終焉のダミアン
投稿日:2011/04/27 22:42
更新日:2011/04/27 22:42
『空飛ぶ電子辞書』の著作権は、すべて作者 終焉のダミアン様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:655

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み