小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:689

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「黄昏幻夢」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(11)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(31)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


黄昏幻夢

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 一 秋祭り

前の話 目次 次の話

 ――あっという間に、秋祭りになった。

「細さーん!」

 細がお店の並ぶ境内をぼんやりと見ていると、遠くからいつもの格好でメイが現れた。ちょうど早く来ないかなー、と思っていたところだったので、思わず叫び声をあげた。

「うわっ!」

「大丈夫ですか、細さん」

 メイもその勢いにびっくりしたように、目を見開いている。

 細は、落ち着いてメイを見下ろした。

「お前さあ、もっとおしゃれしようとかないの?」

「あはー。これが一番落ち着きますよ」

 そう言いながら、くるりと一回転。

 スカートがきれいに広がった。

「そんなことより!」

 メイが、細の手を引いた。

「行きましょう、細さん! お祭りはこれからですよ!」

「お……おう!」

 メイは、人ごみの中に細を招き入れた。

 このとき、細は修行のことも、魔術士のことも、忘れていた。



 細がそれを思い出したのは、じーさんがこっちを見ていたからだった。



「……あっ!」

 竹林の間のベンチにこしかけたじーさんを見て、細は大声を上げた。

「分かっているとは思うが……」

 仕方なさそうに、じーさんが言う。

「……えっと、何がですか?」

 メイが、不思議そうに二人を見比べた。

 じーさんは、メイを見てびっくりしながら、立ち上がってこちらに歩いてきた。

「……魔術士。裏に回れ。……その少女も連れてな」

 細は、えっ、とメイを見た。

 メイは、よく分からなかったのか、ニコニコしながら首を傾けていた。





後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2011/05/12 18:17
更新日:2011/05/12 18:17
『黄昏幻夢』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:689

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み