小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:690

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「黄昏幻夢」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(5)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(8)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


黄昏幻夢

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


三章 二 メイと細

前の話 目次 次の話

 細は、硬い表情でメイの手をつかんで歩き始めた。細の雰囲気を悟ったのか、メイは何も言ってこない。

 じーさんは、そんなメイのことをちらちら見ていた。



「……さて」



 じーさんが立ち止まり、細たちのほうを振り返った。

 細は、不安になって、メイの手をぎゅっと握る。すぐに、ぴくっとメイの手がびっくりしたように少しだけ動いて、握り返してきた。

「じーさん。なんでメイをまきこむんだ? 関係ないだろ」

 細の言葉に、じーさんは少し悲しそうな顔をしながら、細に魔術士のことを言ったときのような雰囲気で口を開いた。

「……細。魔術士にはやってはならんことがある。なんだか分かるか?」

「それとメイとが……関係あるのか?」

「ある。おおいに、な」

 じーさんの言葉に、細はメイを見下ろして、――固まった。

 メイが、前をまっすぐ向いたまま、泣きながら震えていた。

 今にも崩れ落ちそうになりながら、立っている。

「細。自分が何か強く思ったときに、メイが何かしなかったか?」

 細は、メイとあってからのことを思い出してみた。





「……最初にメイに会ったとき、誰かいないかなって思った」





「……それから?」

「魔術士になるって時に、誰かを道連れにしたくなったとき、メイが秋祭りに誘ってくれた」

「なぜだか分かるか?」

 じーさんの言葉に、細はすぐに答えを見つけた。

 でも言いたくなかった。

「……それは、メイという存在が、細の思いで成ったものだから」

 代わりに、メイが静かに告げた。

「そうだ。メイは、幻成の魔術士の作り出したもの。そしてそれは、魔術士が絶対にやってはいけないもの」

「「……人間を成らせる、こと?」」

 細が言うのと、メイが言うのが同時だった。

「そして、魔術士が禁忌を犯した場合、その魔術士は責任を取らなくてはいけない」

「……どうやって?」

「人間を成らせた場合、その成らせたものを消す。そしてその消し方は」

 じーさんが、言葉を切った。お祭りの喧騒が、遠のいたように聞こえなくなる。

「……力を手放し、思いを断ち切るのだ」





後書き


作者:水沢はやて
投稿日:2011/05/13 15:51
更新日:2011/05/14 21:39
『黄昏幻夢』の著作権は、すべて作者 水沢はやて様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:690

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)

管理人ブログ
(※注意:当サイトと関係ない記事も多くあります)

リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み