小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:92
「桜の鬼」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「桜の鬼」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(2)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(24)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


桜の鬼

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 完結

前書き・紹介


朝、

前の話 目次 次の話

 どこか遠くで犬の声がするような気がした。

 咲はふ、と目を開けると、枝からずり落ちそうになった。

「うわ! お、落ちるー!」

「何やってるんだ」

 桜火が支えてくれてほっと一息。

「あ、ありがとう……助かった」

「いや。でも、気をつけろ? 落ちたらかなり痛いぞ」



 言われて下を見る咲。

 ちなみにかなり大きい桜なため、普通に落ちたら死にそうだ。



「……落ちたら死ぬ!」

「え」

「人間なめるなよー!」

「いや、それ使いどころ違う……」

「うるさいなー」



 そして無言で何かを差し出す桜火。



「ん?」

「食べるか?」



 その手にはさくらんぼ。

「もしかして……この桜の? 食べられるさくらんぼがなる桜じゃないだろ?」

「まぁ。でも、この桜で取れるぞ。何故か」

「う、嘘だー!」

「俺も少し冗談みたいに思う」

「この桜に住んでるんだよな! 住んでるんだよね? なのになんでだ!」

「いやまぁ……、この木の精霊もどきはやってたりするし守りもやってるが……そんな詳しくは」

「何か絶対間違ってる!」



 何か真剣に悩む咲を見てのどの奥で笑う桜火。その様子を見て、咲は「笑った!」と呟いた。



「どうした?」

「いや、まともに笑ったの初めて見た!」

「え……」



 虚をつかれたような、照れたような、そんな表情を桜火は浮かべる。

「そうか?」

「あ、ああ。苦笑とかならたまに……」



 首を傾げてなんか照れているようだ……が。

後書き


作者:久遠
投稿日:2009/12/13 16:32
更新日:2010/01/21 17:03
『桜の鬼』の著作権は、すべて作者 久遠様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:92
「桜の鬼」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS